( 2012.03.22 )
“対岸の火事” ではない中国大気汚染

 “世界で最も大気汚染が深刻な国” となった中国。 これまで日本は巨額の環境ODAを中国に援助してきたはずだが、環境対策はズサンの一言。 「 工場やボイラーの煙突に、日本が技術援助をした脱硫装置を設置していても、コスト削減などを理由に稼働率が低い 」 とかで、二酸化硫黄が垂れ流し状態に ……。 マイカー激増も、大気汚染に追い打ちをかける。

 オゾン、霧・スモッグ汚染を特徴とする複合型汚染により、中国の大都市や工場の集積地で、近年 「 数十メートル先がかすんで見えない 」 状況は日常茶飯だし、健康被害も続々と報告されている。 昨年11月、北京市衛生局が 「 同市の肺がん発症率は過去10年で6割近く増加、がん患者の5人に1人が肺がん 」 と公にし、中国科学院大気物理研究所の関係者もテレビで 「 北京などで、発がん性のあるPAHs( 多環芳香族炭化水素 )の数値が先進国の十数倍から二十数倍 」 と警鐘を鳴らしている。

 日本にとっても “対岸の火事” ではない。 偏西風に乗って黄砂が飛散する春先の 「 空気 」 はとりわけ要注意だ。 しかも、その範囲は九州をはじめ中国・四国・近畿にかけた西日本のみならず、中部地方から関東甲信越の一部までと広い。 また、雨は酸性雨となって大地に降り注ぐ。

 この見えない “殺し屋( 専門用語では硫酸塩エアロゾル )” を大量に吸い込むことで体調を崩している人たちも増えていると聞く。 医者や学者らの発言&危惧をまとめると 「 免疫力の低下 」 「 毒物が肺胞に溶け出し、あるいは血液の流れで心臓を含む内臓を傷める 」 「 同一部位が繰り返し炎症を起こすことでがん化する 」 「 後頭神経痛を起こしたり、嘔吐おうとするほどの激しい頭痛やめまい、鬱やアレルギー症状が出る 」 「 呼吸器系の症状が悪化する 」 「 花粉症の症状悪化と慢性化 」 など。

 野田佳彦首相は昨年12月、日中共同の環境ファンド設立の覚書にサインをした。 人の命なんぞ “鳥の羽根よりも軽い” 中国とまた何を共同で? 新たな利権構造を作っただけでしょ。 それよりも、誰がわれわれの命を守ってくれるのか?