( 2011.04.02 )

 

 2011年3月31日、北京市環境保護局の杜少中ドゥ・シャオジョン報道官は、 「 北京五輪期間中に改善された空気の質が1年後には早くも悪化を始めた 」 とする米メディアの報道に反論した。

 30日付米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは全米経済研究所( NBER )の研究報告を引用し、 「 中国政府は北京五輪期間中に北京市の空気の質を30%向上させることに成功したが、五輪閉幕から1年後には約60%の改善成果を失った 」 と報じた。

 これに対し、杜報道官は同局の観測データを示しながら、 「 五輪期間中、北京の空気の質は各汚染物質が50%以上消滅した。 記事で報じられた30%というのはどこから出てきた数字なのか 」 と否定。 さらに、 「 五輪閉幕後に約60%の改善成果を失った 」 としたことに、 「 事実と異なる 」 と反論した。

 北京市環境保護局は、五輪閉幕後の2009年は年間を通じて空気の質が合格水準に達した日が285日に達し、2008年の五輪開催年より11日多かったとしている。