( 2014.02.05 )

  ……

 尖閣諸島( 沖縄県石垣市 )への領海侵犯を繰り返し、東シナ海上空に防空識別圏を一方的に設定するなど、中国が膨張主義的な政策を取り続けている。 その国に対し、日本が政府開発援助( ODA )をいまだに続けている。 その額は実に、1年で300億円。 日本固有の領土である尖閣諸島を虎視眈々と狙い、歴史問題を振りかざして国際社会における日本の名誉を徹底的におとしめようとしている中国に資金提供とは…。 にわかには信じられないが、動かぬ事実でもある。



 ODAは、低利で資金を貸す円借款、返済義務のない資金を供与する無償資金協力、技術や知識のある専門家の派遣や開発計画を支援する技術協力の3つに大別されている。

 中国に対するODA供与は昭和55年に始まった。 以来、平成23年度まで、日本は円借款3兆3164億円、無償資金協力1566億円、技術協力1772億円を中国に対して供与している。

 円借款はかつて中国国内の空港・港湾、鉄道・交通網整備、発電所などの大型インフラ整備に投下され、中国の経済発展を支える基盤となった。 しかし、 「 インフラの整備は結果的に中国の軍事力増強を下支えすることになりかねない 」 「 円借款が中国国内でどのように使われているか不透明な部分がある 」 などの批判を受けて、20年の北京オリンピック前までに新たな供与を終了することで日中両国政府が折り合い、19年12月に日中双方が確認した6つの案件を最後に円借款を新たに供与することを中止した。 だが、無償資金協力と技術援助についてはいまだに継続されている。

 外務省が出している24年のODAに関する国別データブックによると、23年度の中国に対する無償資金と技術協力の額の合計は約41億円に上る。 ただ、これはあくまでも外務省分であって、経済産業省や文部科学省などほかの省庁を合わせた数字はさらに跳ね上がる。




 改めて外務省が出している24年版ODA白書をみてみると、23年の中国に対する無償資金協力は約1300万ドル、技術協力は2億8700万ドルの計約3億ドルに上る。 1ドル100円で換算してみると、300億円にも及ぶ資金が日本から中国に流れていることになる。

 低利で資金を貸し出す円借款は、中国が拒否しない限り、いずれ日本に回収される。 しかし、無償資金協力と技術協力は 「 贈与 」 であり、日本には1円も返ってこない。

 円借款の供与中止を決めた際、無償資金協力と技術援助が継続されたのは、黄砂、感染症、大気汚染など対策や留学生を軸とした人材交流を深めて、日中両国の互恵的な関係を構築しようという狙いがあった。 背景には巨額の資金を提供する円借款では日本国内の理解は得にくいが、環境対策や日系企業の進出を念頭に置いた中国国内の社会制度整備に対する援助ならば、大きな反対の声は上がらないだろうとの読みも政府内にはあったという。

 だが、中国国内で発生した微小粒子物質 「 PM2.5 」 が流れ込むことに伴う日本国内での健康被害への懸念や頻発する反日暴動による日系企業への甚大な被害などを考えたら、こうした無償資金協力や技術協力がどの程度効果を上げているのかは極めて疑わしいといえるのではないか。


……

 無償資金協力と技術協力の継続を決めた当時、外務省内には留学支援などの人材育成について 「 将来の中国を担う幹部候補生を 『 親日派 』 に育成する意義は大きい 」 との声があったが、中国国内に吹き荒れる反日の嵐をみれば、こうしたもくろみは完全に外れたといえる。

 ところが、中国に対するODA供与を改めて見直そうという目立った動きは外務省に起きていない。 むしろ、無償資金協力や技術協力の成果や効果を強調している。 ODAに関する国別データブックは、中国に対するODA供与について、 「 両国民間の相互理解の増進も日中関係の健全な発展を促進するために重要であり、そのような分野におけるODAを通じた取組は依然として一定の意義を有している 」 と記している。




 そもそも中国側には日本によるODA供与は、中国に対する戦争賠償の代替の意味合いを持っているとの認識がある。 昭和47年9月に出された日中共同声明の第5項では、中国は日本に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言しており、中国が戦争賠償の代替という認識を持っているとすれば完全な誤りだ。 しかし、平成12年5月に来日した中国の唐家●( =王へんに旋 )外相(当時)は 「 中国に対するODAは、戦後賠償に代わる行為である 」 との認識を示した。 つまり、 「 日本がわれわれ中国に対して資金を提供するのは当然であり、むしろ義務といえる 」 という意識が彼らの根底にあるといっていい。




 中国は22年に国内総生産( GDP )で初めて日本を追い抜き、25年のGDPは名目で日本の約2倍となる。 中国は経済力をバックに軍事拡張を続け、その海軍艦船は東シナ海や南シナ海をわが物顔で遊弋ゆうよくし、西太平洋でも頻繁に軍事演習を展開している。 しかも公然と日本の固有の領土である尖閣諸島を奪い取ろうとしているのだ。 その国に対して資金援助をする必要はどこにあるのだろうか。

 安倍晋三政権がどのような対中ODA政策を打ち出してくるのか今のところ見えてきていない。 だが、その答えはもうとっくに出ているはずだ。 こんな対中ODA政策を放置していけば、後世の物笑いの種になるのは間違いない。