( 2007.01.18 )
世界最長の海上大橋
   手抜き工事

 新年が始まって直ぐに、杭州湾を跨ぐ世界一の大橋の手抜き工事のニュースが伝わり大騒ぎとなっている。

 1月8日中国新聞浙江省分局が 「 毛履平という工事請負人の一人がこの大橋の北側部分52号に手抜き工事をしたことを告白 」 と報道した。
 その内容は、工事基礎部分の手抜き、鉄骨が露出している、25ミリの補強筋が入っていない、と言うものだ。

 設計図によると、その工事場所は杭州湾と大橋を繋ぐ部分で交通量の最も多い場所となる。 専門家によるともしこの報道が事実なら事態は深刻で、支持基礎崩壊や橋の破壊さらには基礎の沈下が予想されるとのこと。
 報道によると 「 毛履平が浙江省交通局にこのことを告白した直後、施工業者に雇われた殺し屋がモーターバイクに乗って彼を襲撃した。 彼は小道に逃げ込んで何とか難を逃れた 」 という。
 交通局の調査によると確かに幾つかの手抜き工事が見られるという。 ただ補強筋の手抜きは部分的のようだと言う。
 中国新聞はこの報道記事を海外の華僑に提供し、世界的に注目を集めるようになっている。

 1月10日浙江省の隣県、安徽省のある新聞社がこれと全く反対の報道をしている。
 そこでは 「 現在各種検査を受けているが工事は順調に進んでいる。 質量の両面で設計図と完全に一致する。 25ミリの補強筋も問題がなかった 」 と述べている。


工事担当の嘉興市交通局の説明

 「 現在当方はまだ問題の存在を確認していません。 昨年12月12日に毛履平の話を聞いています。 幾つかの問題点が見られますが、工事の質的な危険と見られるような問題とは考えていません。 幾つかの基礎部分のコンクリを壊し検査をしました。 鉄骨の手抜きは見られなかった 」 と説明している。

 この現場検査の“立会”に毛履平は立ち会っていない。 連絡がなかったという。 彼は 「 私の言ったことは命に掛けて、法律上の責任を負います 」 と強調している。


毛履平は身を隠している

 この数日彼は身を隠している。 ただ中国新聞の記者だけが彼の居場所を知っている。 記者が彼を採訪したときも電話が鳴るとびくびくしていた。 そして記者にも電話番号と居場所を絶対他人に教えるなとダメを押した。

 黒竜江省出身の農民の毛履平は現在47歳。 中学校を出て以降の生活は静かに過ごせたという。 やがて料理を習い鉄道局の調理場に入った後工事請負を始めた。 06年、仲間と今回の工事を請け負うことになった。 1年で280万元の仕事が出来るはずだ、と誘われた。
 毛履平は父や前妻、現在上海に出稼ぎに来ている女性等に12万元を借りて人夫や工事材料を集めた。 しかし彼に工事を進めた王国強という彼の1つ上の請負人は彼に6万元しか払わなかった。 彼と交通局とは直接の接触はなく、王国強氏が受け取った金を毛履平に支払う方式だった。
 やがて現場の人づてに彼のように上手く騙されている下請けが多いことが判ってきた。 彼等は 「 直ぐに仕事を放り出して逃げなさい 」 と勧めたが、しかし彼は既に巨額の借金をしている。


工事の分散請負方式に問題

 この大橋の北側部分の施行に13の下請けが参加している。 彼の元請け王国強氏はその一人だ。
 毛履平の説明によると、王国強氏などの元請けは交通局との間で 「 丸投げは禁止、工事には熟練工を常時立ち会わせる 」 等の契約項目があるが、それらはほとんど実行されていないと言う。 王国強氏などが雇っている丸投げの下請けは全て出稼ぎ農民だという。
 工事の過程で交通局関係者が現場に出入りしているが、工事技術に詳しい専門家が現場に居ないことを指摘されたことはないと言う。

 06年4月の頃、一部完成した橋を接合するとき2つの橋の高さが違い、工事のやり直しが行われたなど、基本的なミスが多かったという。


工事落札価格が低すぎか

 大橋北部第一工事区間の落札価格は1.5億元。 しかし工事関係者によると実際のコストはそれよりも2500万元超えるだろうという。 そうすると工事業者は必ず手抜きを考える、という。
 だが関係者によると落札価格が低すぎる傾向は中国全体で起こっていると言う。
 これでは当然 「起こるはずがない事故」 が 「 起こって当然 」 だと関係者の間で言われているようだ。
 また有る専門家によると、毛履平の言っていることは、実に詳細・具体的に述べられていて、設計図と照らし合わせても納得が行く、という。 例えば鉄筋の数が80本足りないなどは、現場施工者でないと判らないとのことだ。
 だが手抜きが事実だとすると、事態は重要となる。 重要犯罪事件ともなる。 逆に検査しても問題がなければその検査部分の補償も大問題となるだろう。
 交通局の担当者は 「 年末までの完成 」 に向けて、今専門家を集め検討するところだという。
 1月15日、中央政府交通部は4人の検査官を現場に派遣した。
 1月16日中国新聞副主任は交通局と合同で毛履平を連れて現場を検査する予定だという。



 





( 2007.07.06 )
中国の高速鉄道
手抜き工事が発覚

 中国の広州と武漢( 約950キロ )を約4時間で結ぶ高速鉄道工事で、規格にあわないコンクリート材料が使用されていることが分かった。 中国経済時報が伝えた。 強度が足りず、橋などにひびが入り、安全性に影響する恐れがある、という。

 同鉄道は最高時速350キロを想定。 総工費は930億元( 約1兆4000億円 )で、中国を代表する高速鉄道網の一つとなる。 規定では火力発電所が燃やした石炭灰の粉末を使わなければいけないのに、湖南省以南の沿線 数百キロの区間で規格外の粉末を使用 していたという。 鉄道当局が調査に入る方針を示している。



 中国の高速鉄道工事でコンクリートが強度不足になっていた。
 ひびにより安全性に影響が出る可能性があるという。
 コンクリートの材料に規格外のものを使用していたらしいが、安全よりもコストと納期重視の中国らしい。
 それにしても、最高時速350キロ走行する中国の高速鉄道に乗るのは、自殺行為だな





 中国新幹線



( 2011.12.09 )

   


 9日付の中国紙・光明日報などによると、中国安徽省合肥市の高架道路建設現場で5日、300トン以上に上る鋼材で造られた足場が崩壊し、10人以上の現場作業員が負傷した。 同市のプロジェクト責任者は 「 ( 事故ではなく )正常な破壊的実験 」 と説明。 この意味不明な弁解にインターネット上では批判が噴出している。
 光明日報は 「 事故がなぜ 『 破壊的実験 』 に変わり得たか 」 というコラムを掲載。 「 民衆をばかにしたような言い逃れは人を傷つけるものだ 」 と批判し、 「 関係部門は調査によって真相を明らかにし、責任者に対する法に基づく追及を強化すべきだ 」 と要求した。
 ミニブログ 「 微博 」 でも、 「 関係部門は積極的な対応を取って初めて民衆は理解するものだ 」 「 中国の破壊的実験はいつになったら終わるのか 」 などとの批判や皮肉が相次いだ。






  


 今年の中国ネット流行語大賞有力候補となるであろう言葉が突然、誕生した。 その言葉、 「破壊的試験」 というオモシロすぎる中国官僚の言い訳をご紹介する。




 2011年12月6日付中国広播網、8日付万家在線が伝えた。

 2011年12月5日、安徽省合肥市の道路高架橋建設現場でトラス橋桁が崩落する事故が起き、作業員6人が負傷した。 うち1人が骨折の重傷となった。 崩落したのは橋本体ではなく、工事用の臨時の橋桁だったと説明されているが、とはいえ重さ300トンの物体が落下したのだから、死者が出なかったのは幸運というべきかもしれない。

 さて、笑ってしまうのはここから。 事故の後、合肥市重点プロジェクト建設管理局はただちに記者会見を開き、 「事故ではない。 工事計画通りに 「破壊的実験」 を敢行しただけ である。 被害も作業員が一人、かすり傷を負っただけ」 と主張した。 「 破壊的実験 」 という創造力あふれる言い訳はたちまち中国ネット界に広まり、流行語となる勢いを見せている。




 中国のネット流行語は官僚の失言から生まれることが多い。 まあ、民主主義の国ではないので、ネットで茶化し揶揄するぐらいしかやることがないと言ってしまえば、それまでだが。 今年最大のヒットだったのは、中国鉄道部の王勇平報道官( 当時 )の一言。

 7月23日の温州高速鉄道事故後、現地では壊れた車両をその場に埋めるという拙劣な事故隠しを敢行して、世界中の笑いものになった。 記者会見でこの問題を追及された王報道官は、足場を固めるために車両を埋めたという謎の言い訳を披露。 そして 「( 現地からの )説明はこの通りです。 後はあなたが信じるか信じないか、だ。 私は信じます」 と発言している。

 この 「 後はあなたが信じるか信じないか、だ 」 という言い回しは 「高鉄体」 ( 高速鉄道文体 )と名付けられ、ネット流行語として定着している。

 2008年には、女子中学生の性的暴行、殺人事件容疑について、警察は 「男性は女子中学生と一緒に腕立て伏せをしていただけ」 と苦しい釈明。 数万人が参加する大暴動に発展したこともあった。

 今回の 「破壊的実験」 もインパクトでは腕立て伏せ級だと思うのだが、事件の被害という面で見るとちょっと 「 弱い 」。 やはり2011年の流行語大賞は高鉄体が最有力候補だろうか。

 ウソや美辞麗句が話せない人に政治家、官僚は務まらないのではないか。 いわゆる 「 失言 」 はウソをつく能力の低さ、正直さゆえに発せられたようなものが多いのではないか。

 中国で今年を代表する失言となったのが、中国鉄道部の王勇平報道官( 当時 )の一言。7月23日の温州高速鉄道事故後、現地では壊れた車両をその場に埋めるという拙劣な事故隠しを敢行。 世界中の笑いものになった。 記者会見でこの問題を追及された王報道官は、足場を固めるために車両を埋めたという謎の言い訳を披露。

そして「(現地からの)説明はこの通りです。後はあなたが信じるか信じないか、だ。私は信じます」と発言。王報道官自身、この説明をあまり信じていないという本心を垣間見せてしまった。この苦しい弁明は話題となり、「後はあなたが信じるか信じないか、だ」という言い回しは「高鉄体」と名付けられ、ネット流行語として定着してしまった。





( チエンリューサンジャン = ●は手偏に掌 )
 ( 注:中国では、ロバは頑固な性格で同じことを何度も繰り返すとされ、ロバの口は 「 意味のないことを言う人 」 を例えるのに用いられる )

意味 : 強大な力( 権力など )を有していれば、それは自由かつ存分に発揮できることの例え。( 揶揄の意味あいで使う )
由来となった事件 : 「 女子中学生殺害への抗議暴動事件 」
 08年6月、貴州市甕安( ウォンアン )県で発生した女子中学生の殺害事件。 「 性的暴行を加えられた後殺害された 」 「 警察は加害者とつながりがあるため事件をもみ消した 」 との噂が広まり、怒った住民らが政府庁舎などを襲撃、大暴動に発展した。 その後、被疑者は 「死亡した女子学生と一緒に腕立て伏せをしていた。 3回目までやったところで、彼女は突然、川に身を投げた」 と説明。

 2008年6月28日、貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州甕安県で住民数万人の暴動が発生、政府庁舎が燃やされる事態にまで発展した。
 事件の発端となったのは15歳の女子中学生の死だった。 性的暴行を加えられた後殺害されたが、加害者が警察とつながりがあり事件をもみ消した。 調査を要求した同級生や被害者家族が逆に警官に暴行され、殺害されたなどのうわさが広がり、暴動へと発展した。
 数万人とも伝えられる暴動参加者は政府庁舎を取り囲んだほか、パトカーなど車数十台を燃やしたと伝えられている。 Youtubeなど動画共有サイトでは炎上する車など現地の様子を映したビデオが掲載されている。



 2008年7月1日、貴州省甕安( ウォンアン )県で発生した15歳少女の不審死に絡んだ数万人規模の暴動を受け、貴州省人民政府新聞( 報道 )弁公室と公安当局などが合同で記者会見を開き、 「 検死の結果、少女が性的暴行を受けた痕跡は見られなかった 」 と発表した。
 会見には、検死を担当した都●( ドゥーユン = ●は勹の中にン )市公安局の王代興( ワン・ダイシン )検死官も列席し、記者の質問に答えた。 それによると、死因は 「 溺死 」 で、少女の身体に性的暴行を加えられた痕跡は見られなかった。 少女の死因に関しては、事件後すぐの検死でも 「 溺死 」 と鑑定されていたが、納得いかない遺族の請求で、今回は2度目の検死が行われた。
 また、事件に関与した3人が、地元の権力者である同県県委員会書記の姪と警察派出所長の親戚だとする報道について、現地の司法・警察部門を主管する羅毅( ルオ・イー )政治法律委員会書記が 「 事実ではない 」 と述べ、 「 事件のもみ消し 」 を強く否定した。



 2008年7月2日、香港紙 「 東方日報 」 は、貴州省甕安( ウォンアン )県で発生した15歳少女の不審死に絡んだ数万人規模の暴動について、省当局のやり方を 「 愚の骨頂 」 と批判した。
 記事は、貴州省当局が 「 少数の悪党勢力が引き起こした政府への挑発 」 と早々に結論付けたことに対し、 「 最大の失策 」 と批判した。 「 自殺 」 なのか、それとも 「 強姦殺人 」 なのか。 市民が納得できる証拠を示さず、マスコミの取材を拒否する態度に 「 これでは様々な噂が流れても、不思議ではない 」 と指摘する。
 また、 「 世界で最も大人しくて素朴な中国の市民が、ここまでするには理由がある 」 と強調。 当局に対し、 「 挑発 」 と決め付けず市民の声に耳を傾けるべきだと訴えた。 抗議行動への武力鎮圧に関しても、手に入るのは一時的な安定に過ぎないとし、 「 愚かな手段だ 」 と非難した。
 北京五輪を控えた今、中国当局は不穏な動きを必死で抑えようとしているが、記事は 「 貴州省当局のような間違った対処法では、火は消えるどころかどんどん大きくなるだろう 」 と締めくくっている。





( 2011.07.05 )

 

 6月30日に開通した青島胶州湾大橋は総延長41.58キロで海にかかる橋としては世界一の長さとなった。 世界に配信された霞み漂う海上に伸びる一直線の橋の姿は美しい。 だが実際には未完成で安全面に大きな不安があることがすでに通行した人の証言によって明らかになった。 中央電視ネットの報道を各紙が伝えている。

 正式開通した青島胶州湾大橋、だが走行してみると ガードレールの取り付けが完了していない ことがわかった。 ネジの一部だけで押さえてあったり、ひどいところはガードレールそのものがまだないという。 また照明も取り付けが完了していない。 青島胶州湾大橋工程部の責任者に取材すると、ガードレールと照明の完全設置にはまだおよそ2,3ヶ月かかるという。

 記者や通行した人が写した青島胶州湾大橋の現場の写真を見ると唖然とする。 ガードレールがないのだ。 何が何でも6月30日の開通にこだわったのは、同日に開通した北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道とともに世界一を内外にアピールして、7月1日の中国共産党90周年記念を盛り上げるためだったのだろう。







( 2012.12.31 )

  


 上海の蘇州河を跨ぐ百年の歴史を持つ 「 蘇州河大橋 」 は、今年初、1年間の改修工事を終え開通した。 改修後4車線から6車線になり、外観は立派で、重量感と安全感のある橋に仕上げられた。 しかし、今月28日、橋脚に亀裂が生じ、中に大量のゴミが詰められているのが発見された。 市民のクレームに対して、上海市建設交通委員会は 「 検査の結果、橋の装飾部位に亀裂が生じたが、橋梁構造のセキュリティには問題がない 」 と見解を示した。

 問題が発生した橋梁は、おから工事疑惑だけでなく、補修工事の施工についても耳を疑う事実が相次いで明らかになった。 工事の請負入札および工事材料などの調査が行われていない。 第三者の建築技術部門が橋梁の安全性に関する技術的鑑定を行っていない。 監察管理部門は、橋梁工事規則や技術の規格チェックの管理を行っていない。

 一方、重慶市の謝家橋では、卵くらいの幅で深さ20センチほどの亀裂が5~6mにわたって現れ、工事現場の工員らが泥を詰め込み、手で表面を平らにして、補修を完了させたという。

 また、江蘇省南京市の漢中門大橋では、最近、欄干に大量の亀裂が生じているのが発見されただけでなく、本来選定資格がないにもかかわらず、南京市調査デザイン業協会の 「 優秀調査デザイン 」 の2位に授賞されたという。





( 2014.12.31 )

 





 ベトナムで鉄道高架建設現場の事故が頻発し、ベトナム当局は中国建設請負業者の管理強化を急いでいる。

 ハノイの鉄道高架建設現場で相次ぎ大規模な崩落事故が発生したが、現場を担当していた中国の建築企業に多くの違反行為があったことが明らかとなった。 ベトナム当局は中国大使館に協力を要請、中国の建築請負企業の経験と能力の調査に協力するよう求めている。

 高架の崩落事故だが、セメントを流し込んでいる最中に重量に耐えきれなくなった土台が変形。 傾いてセメントが一辺に集まりバランスが崩れたことが原因となった。 まだ固まっていないセメントは道路にまで流れ出し、建設企業は道路の交通封鎖を行っていなかったために被害が拡大した。

 ベトナム当局は鉄道建設計画とその安全対策の再確認を進めている。




 ハノイ市都市鉄道( メトロ )2A号線( ドンダー区カットリン~ハドン区間 )のコンクリート柱工事現場( チャンフー通りハドンバスターミナル付近 )で全長約10mの足場が6mの高さから崩落する事故が発生した。
 この事故により、同道路を通りがかったタクシーが崩落した足場や鉄筋の下敷きとなった。 タクシーの前部が完全に潰れたが、奇跡的にも運転手と乗客3人は軽傷を負っただけで命に別状はなかった。
 事故は生コン車がコンクリート柱の上部にコンクリートを注入している最中に起きた。 タクシー運転手は、 「 走行中に突然ドーンと大きな音がして前が見えなくなり、立ち往生となった。 流出した生コンクリートが車のタイヤまで一気に溜まり、フロントドアもバックドアも開かなくなったため、もうここで死ぬのかと思った 」 と恐怖を語った。 タクシー運転手はその後、乗客3人と共にバックガラス側から救出された。
 当局は現在、事故原因を究明に努めているが、関係者らによると、足場が安全基準を満たしていなかったことによるものと見られている。 交通運輸省は、ゼネコンの中国鉄道第6局有限会社が主責任を負うものとし、事故現場の復旧にかかる費用を負担するよう求めたほか、事故発生現場で作業を行っていた地場系の下請け業者、ビナコンテク社( VinaContech )に対して同案件から完全に撤退するよう命じた。
 このメトロ2A号線では、11月6日にも第3タインスアン駅高架工事現場で、建設資材の鉄筋が高所から道路に落下する事故が発生している。 同道路を走行していたバイク3台が鉄筋の下敷きとなり、1人が即死、4人が重軽傷を負った。 この事故の後、同案件の建設は一時中止となり、11月末に工事を再開したばかりだった。