簿


( 2013.05.07 )

 
  


 2013年5月5日、中国でこのほどネズミ肉を羊肉と偽って販売していたグループが逮捕されたが、海外メディアはこの事件を大きな関心を持って報道している。

 4日付のニューヨーク・タイムズは 「中国東部でキツネやミンク、ネズミなどの肉を混ぜて作った肉製品を羊肉と偽り、大量に売りさばいていたグループが逮捕された。 内モンゴル自治区では基準値をはるかに超える化学調味料や細菌を含んだ偽ビーフジャーキーや未加工肉を押収。 貴州市では違法な添加物を含んだニワトリの足が見つかっている。 さらに、死んだニワトリや豚肉を販売するケースや、豚肉に水を注入して重さをごまかすケースもあった」 と報じた。

 3日付の英紙・ガーディアンは 「中国の 『食の安全』 が最も脅かされた時代はすでに過ぎたと思っていた。 それが今度はネズミ肉とは! 巧妙かつ恐怖を感じる」 と伝えている。

 ロサンゼルス・タイムズは 「検疫を受けていないキツネやミンク、ネズミなどの肉に色素や化学薬品などを加えたものを羊肉と偽り、江蘇省や上海市などで販売していた」 と報じ、 「鳥インフルエンザで鳥肉は処分され、大量のブタの死骸が川に浮く。 その肉が食卓に出るのではと中国人は心配している。 中国では何の肉を食べてよいのか分からない」 と指摘。 「食事は楽しみでもあるが、命をかけた危険なギャンブルでもある」 と述べている。

 ロシア新聞は 「ロシア連邦消費者権利保護・福利監督局は、中国の偽装肉が販売される可能性のある場所の検査を命じると同時に、ロシア国民に対して旅行時に中国の航空会社で提供される機内食の肉を食べないよう呼びかけている」 と伝えた。





( 2013.05.11 )

 


 2013年5月10日、南方都市報は食の安全に関わる事故を記した全国地図を掲載した。 2010年から現在まで中国各地で発生した農産物や農産物加工品の事故を記した地図によると、食に関して最も危険な地域は山東省。 次いで危険なのは、遼寧省と湖南省になっている。

 危険な農産物ナンバー1は 「 毒モヤシ 」 だ。 モヤシの成長を促進し、さらに見た目を良くするために、大量の添加剤や化学薬品を使用して育てられている。 次いで危険なのは 「 毒ショウガ。 見栄えのしないショウガを有毒の硫黄で燻すと鮮やかな黄色になることから、中国各地でこれを使用。 さらに殺虫剤や農薬の使用も後を絶たない。 また、食肉も安全ではない。 病死した家畜の肉、赤身肉に見せるための薬品( 痩肉精 )を使用した肉、検疫を受けていないネズミやキツネの肉を加工したものなどが流通しているからだ。

 有害な食品添加物や化学薬品のなかで、最も使用されているものに硫黄がある。 漂白や防腐剤としての使用は許されているが、その対象は砂糖漬け果物や乾燥野菜などに限られており、使用量に関しても明確な規定がある。 硫黄で燻製にされた食品を常食した場合、嘔吐や下痢などの消化器系症状が出るが、ひどい場合は肝臓や腎臓の機能障害をもたらす。

 ホルムアルデヒドは、これまで主に水産物加工品の品質保持のため違法に使用されていたが、今では白菜などの野菜の鮮度を保つために使われている。 人体への影響は皮膚や呼吸器系の炎症、内臓、中枢神経の損傷、発がん性などがある。

 苛性ソーダは水酸化ナトリウムとも呼ばれ、見た目や食感維持のために使用される。 腐食性が強いため、これを摂取すると胃腸などの消化器系に深刻なダメージを与える。

 ショウガの栽培には劇物農薬のアルジカルブ( 涕滅威 )、リンゴには Tuzet( 退菌特 )、空芯菜にはオメトエートが広く使用され、人類の生存環境そのものを脅かしている。