簿


( 2012.02.02 )



 中国で 除草剤の廃棄物から違法に作られた約1万4千トンの塩 が全国12省・市に流通し、食塩として売られていたことが1日、明らかになった。 工業用塩よりも単価が高いため食塩として売っていた とみられ、焼きまんじゅうの材料などとして使われていた。 安徽省のテレビ局などが伝えた。
 違法に塩を作っていたのは江蘇省鎮江の会社。 同社が製造した塩18トンを積み下ろしているところを、通報を受けた安徽省の警察が取り押さえた。 質が著しく劣る 「農薬廃棄物塩」 であることが分かり、食用市場に流れていた。
 調べによると、同社は除草剤を生産する化学工場から、有害物質が含まれている可能性の強い廃棄物を1トン当たり10元( 約120円 )で買い取り、洗浄、加熱処理して乾かすなどして塩を製造。 これを穀物や食用油を扱う会社に同約700元( 約8400円 )で売り、さらに食堂や露天商らが同約1400元で買っていた。 2009年9月~11年3月に1万4千トンが出荷され、揚げパンなどの材料としても使われていたという。
 英字紙チャイナーデーリーは、健康被害は報告されていないとしているが、 「 大量に摂取したら健康に害を及ぼす 」 とする専門家の話を伝えている。
 同社は塩を作る許可もなく、経営陣らが逮捕され、安徽省の裁判所で公判が開かれている。