簿


2008.10.17 )
調
 

 2008年10月16日、 「 重慶晩報 」 は市中に出回っている香辛料や調味料に多くの有害物質が含まれていると報じた。

 市内の食品加工材料店で最も良く売れる 「 辣椒精ラージャオジン( 唐辛子調味料 ) 」 のなかで、広東省仙頭市の工場で生産されたものはパッケージ上に 「 皮膚に直接触れない。 万一触れた場合はただちに水で洗い流すこと 」 という注意書きが添えられている。 重慶食品研究所の周令国ジョウ・リングオ副所長は辣椒精の原料であるカプサイシン樹脂について、 「 催涙弾の中身に使われるOC( Oleoresin Capsicum )ガスの原料でもある 」 と説明。 人間の消化器官は粘膜で保護されているため、食用しても大きな影響はないが大量摂取は絶対にしないよう訴えている。

 また、多くの肉料理で使われる 「 豚肉精 」 や 「 羊肉精 」 といった調味料には人体に有害な亜硝酸塩が含まれている。 この亜硝酸塩は肉の色を鮮やかにする発色剤として使用されるが、防腐剤の役割も果たすため食品添加物として少量の使用は国が許可している。 だが食品1kgあたりの最大使用量は0.15gを超えてはならず、加工後の残留量も1kgあたり0.03g以下と厳しく制限されている。 最近では重慶市合川の焼肉店が食塩と亜硝酸塩を間違って使用。 一家6人が中毒で倒れ、うち3人が死亡するという事件が起こったばかり。 周副所長は市民に対し、街中で売られているあまりにも色鮮やかな食肉に注意するよう警告している。





( 2010.06.03 )

  


 2010年6月1日、韓国・食品医薬品安全庁は、中国産冷凍シジミスープから食品への使用が禁止されている抗菌剤フラゾリドン代謝物が検出されたと発表。 輸入および販売の取りやめを命じた。 2日、中国経済網が伝えた。

 問題の冷凍シジミスープは浙江省湖州市の中国企業が生産したもの。 韓国企業が輸入し、食品加工企業に卸していた。 これまでに計160トンが輸入されていたという。 韓国情報サイト 「 Innolife.net 」 によると、問題のシジミスープは韓国から日本に輸出されていたという。

 フラゾリドン は抗菌剤として使われるが、奇形や流産、精子の減少、卵巣萎縮などの症状 を引き起こすとして、2009年から米国、欧州など各地域で使用が禁止されている。