簿


2008.03.04 )

 
  


 2008年3月4日、広州日報などが報道したところによると、3月15日の 「 国際消費者デー 」 を前にこのほど、広東省深セン市で蜂蜜関連製品の品質検査が行われた。 対象は同市6地区の小売店で販売されている、22省75社で生産された100銘柄の蜂蜜関連製品で、内訳は蜂蜜80銘柄、蜂花粉ビーポーレン12銘柄、ローヤルゼリー8銘柄。

 同市消費者委員会の報告によると、このうち蜂蜜の検査で最も多くの問題が見つかり、合格したのは80銘柄中48銘柄にとどまった。 15銘柄は砂糖水を使った偽蜂蜜で、蜂蜜の成分が検出されなかった。

 蜂花粉は12銘柄中、10銘柄が合格。 ローヤルゼリーは8銘柄すべてが合格した。 この結果、100銘柄全体として見ると、34銘柄が不合格で合格率は66%にとどまり、関係者は 「 偽装品や粗悪品の割合は予想を大きく上回った 」 と嘆いている。

 また、さらに深刻なのは、一部製品から規定量を超える鉄分が発見されたほか、砂糖の分解に硫酸が使われているケースも見つかったこと。 人体に悪影響を及ぼす可能性が高く、中国食品の安全性に再び懸念が持たれる のは必至 だ。