簿


( 2007.07.12 )

 
  


 2007年7月11日、中国中央電視台( CCTV )は北京市朝陽区の屋台で、段ボールを具にした肉まんが販売されていると報道した。

 CCTVの潜入取材に、販売業者は制作手順の一部始終を公開した。 まず普通の使用済み段ボールをカセイソーダに浸すところから作業はスタート。 みるみる段ボールは柔らかくなり、色も変わっていく。 十分に変化したところで、包丁でよく叩き、挽き肉状にする。 後は本物の挽き肉と混ぜ合わせ、足りない味を豚肉エキスで補えばもう完成。

 これだけの作業で段ボールは原価数十倍の豚肉へと変身すると自らのアイディアを誇った。 ただ問題は段ボールと豚肉の比率で、現状では6対4でまだまだ相当量の豚肉が使用する必要がある。 これを減らすのが今後の課題だと話した。

 CCTVの取材記者がこの肉まんは食べられるのかと聞いたところ、製造者は 「 食べられないだろ、オレは食べないよ 」 と笑って答えていた。 付近の市場や街頭で毎日相当数の肉まんが売り出されていたという。 CCTVの取材直後、警察官は同工場を摘発、関係者を逮捕した。

 このニュースを伝えたアナウンサーはあまりにもひどいニュースに怒りを露わにし、 「 罰として半月の間、自分で作った肉まんを食べさせたい 」 と発言していた。 エキスで味付けすれば違いがわからなくなるなど、日本の牛肉偽装事件との類似性もあるが、段ボールを劇薬で加工するなどその過激さは日本をはるかに越えている。





( 2007.07.17 )

 

 2007年7月、先日中国中央電視台が放送した 「 段ボール肉まん事件 」 は、中国の外食産業、特に朝食を売る屋台・レストランに多大な影響を与え、売り上げを激減させている。 事態を憂慮した政府は市内の肉まん販売店を調査し、安全宣言を出したものの、信頼回復にはほど遠い状況だ。

 現在中国では、 「 どんな具材が使われているか分からない 」 として肉まんを敬遠する市民が続出。 一部販売店からは商売にならないとの悲鳴のような声も聞こえる。 しかし消費者の不信は深刻で、原価を計算し 「 100グラムあたり1元( 約16円 )以下の肉まんはコストがあわないので怪しい 」 との意見や、 「 もう肉まんを買っても皮だけ食べて具は食べるな 」 などの過激な意見も飛び出している。 販売店でも肉専売店からの購入証明書を張り出すなど信頼回復に躍起だが、効果は出ていないようだ。

 そもそも夏で食中毒が多発する時期でもあり、屋台や衛生に難のある小さなレストランでの食事はなるべく控えるようにと外食産業協会も勧告しているほど。 段ボール事件と猛暑とがあいまって、一部外食産業には厳しい夏となりそうだ。





( 2007.07.19 )

 


 2007年7月18日、北京テレビ( BTV )は国内外を揺るがす大スクープとなった段ボール肉まん事件が、いわゆる 「 やらせ報道 」 だったと発表、社会に深刻な悪影響を与えたとして謝罪した。

 事件を “スクープ” したのは、北京テレビの人気番組 「 透明度 」。 番組内容は、記者が実際に体験したニセモノ商品を報道するもので、段ボール肉まん事件では、隠し撮りにより肉まんを作り上げる一部始終の撮影に成功したとしていた。 しかしこの日の謝罪報道によると、段ボール肉まん事件は全て番組の臨時職員による捏造であり、食材も番組スタッフが購入したものだったという。 隠し撮りがあまりにうまくできたため、中国中央電視台( CCTV )もこの番組の内容を取り上げて、全国に放送し、大きな反響を呼んだ。 日本でもCCTVの報道として紹介されたが、調査の結果、北京テレビによるやらせと分かった。 やらせを主導した臨時職員はすでに警察に拘留されている。

 段ボール肉まん事件は北京テレビによる 「 やらせ 」 と判明したものの、一度生じた市民の不信感には根強いものがある。 各メディアが段ボール肉まん事件について大々的に報道していたこともあり、錯綜する情報になにが正確な情報か混乱している市民も多い。 また 「 捏造発言自体が事態沈静化を狙ったものではないか 」 などのうがった意見が一部ネットユーザの間でささやかれている。 失われた信頼の回復には一定の時間が必要となりそうだ。





( 2007.07.20 )

 


客の目の前で肉まんを作成する
 2007年7月19日、新華ネットの報道によると、 「 段ボール肉まん 」 騒動を起こし警察に身柄を拘束されている首謀者のズー北佳ベイジアが 「 やらせ 」 に手を染めた経緯を詳細に語った。

 今年6月初め、北京テレビでは番組 「 透明度 」 の企画会議が開かれた。 ズーは 「 以前、市民の投書で肉まんに紙切れが混ざっていたというクレームを読んだことがある、追跡してはどうか? 」 と提案したところ、プロデューサーの興味を引き、すんなり企画が通ってしまった。

 今年に同局の仕事を始めたばかりのズーにとって、番組の企画を任されるとはまたとないチャンス。 面白いものを作って注目を集めたい、金儲けのチャンス到来だ、とばかり、張り切って北京市内の肉まん調査を開始した。 毎朝1元( 約16円 )の肉まんを食べ歩くこと2週間余、市内を歩きつくしたが、品質に問題がある肉まんは一つとして見つからなかった。

 ズーは自らの提案に限界を感じた。 とはいえ今さら 「 北京の肉まんは安全でした 」 と企画を返上するわけにはいかない。 番組制作はすでに始まっており、プロデューサーからは早く撮影を始めろとせっつかれる。 そこで 「 やらせ 」 を思いつく。

 「 やらせ 」 を思いついたズーは自ら “胡月” と偽名を名乗り、労働者に肉まんを食べさせるからと称し、朝陽区内のある肉まん屋を借り受けた。

 6月末、いよいよ撮影の当日、ズーはひき肉や小麦粉など材料を購入し持ち込んだ。 陝西省から出稼ぎに来ていた衛、趙、楊ら4名の農民に肉まん作りをさせ、経営者役は知人で無職の張に頼んだ。 拾ってきたダンボールを水でふやかして切り刻み、肉へ混ぜ込んで作ってみたのだが、思ったようにうまくいかなかった。 作った肉まんは犬に食べさせた。

 映像的にいいものが撮れなかったため、音声で効果を高めることを思いつく。 ズーは 「 肉と紙の比率 」 「 苛性ソーダを使う 」 「 紙を混ぜ込むのはこの業界では公然の秘密 」 などといった衝撃的な言葉を織り込んだ台詞を作り、作業をしていた出稼ぎ農民の1人を呼んで、語らせた。

 今回の 「 やらせ 」 騒動は、視聴率を取るためには面白い番組を、そのためにはより刺激的な映像を、とエスカレートした結果だった。 この番組がきっかけとなり、全市挙げての肉まん品質調査につながったという意味では食品業界に一石を投じたともいえるが、報道に対する信頼を失った代償は大きく、肉まんから紙が出てきた以上に後味が悪いものとなった。





( 2007.07.22 )

 

 2007年7月20日、北京テレビが放映し、中国内外で大きな注目を集めた 「 段ボール肉まん番組捏造事件 」 に関する処分が発表された。

 「 段ボール肉まん事件 」 を放映した番組 「 透明度 」 のチャンネル担当副主任( 正主任は現在在職せず )、番組担当副主任、番組ディレクターは解雇処分を受けた。 北京テレビ局長・編集主任・担当の編集副主任ら幹部3人は、警告・始末書提出などの処分を受けた。

 段ボール肉まん番組のやらせを主導したフリーのディレクター・ズー北佳は現在警察の取り調べを受けており、刑事罰を受ける可能性が高いという。





( 2007.08.23 )

 

 2007年8月21日北京市海淀法院は、 「 ダンボール肉まん 」 やらせ報道で名誉を毀損されたとして、今月13日に損害賠償を求めて北京テレビ局を訴えていたニセの肉まん販売業者らに対し、名誉毀損訴訟の受理条件を満たしていないとの理由で訴えを退けた。

 訴えたのは、やらせ報道の中の肉まん販売業者役だった衛全峰氏ら数人。 彼らの弁護士張石磊さんの話によると、北京テレビの 「 ダンボール肉まん 」 報道後、衛さんらが映った映像が各地のメディアに取り上げられたため、彼らは経済的にも精神的にも大きな打撃を被ったという。 また、繰り返し放送される映像から、衛さんらの顔は容易に判別でき、友人知人はもとより見知らぬ人から非難を浴びせられることもあったと説明。

 衛さんらはまったくなにも知らされないまま、事件の首謀者ズー・ベイジア北京テレビ契約スタッフの言うとおりに動いただけだと弁護士は主張している。