簿


2007.06.27 )


 国営紙中国日報( China Daily )の27日の報道によると、中国の食品衛生監視機関、中国国家品質監督検験検疫総局( General Administration of Quality Supervision, Inspection and Quarantine、AQSIQ )が国内で実施した検査で、大量の食品から発がん物質などの危険な成分が検出された。

 AQSIQ は2006年12月から今年5月にかけて検査を行い、26日に結果を発表した。 有害物質を含んでいたり基準に満たないとして摘発された食品は2万3000点以上。 粉ミルク、米、小麦粉、肉、ビスケット、シーフード、しょうゆ、菓子など国内で幅広く消費されている食品から、工業潤滑油、ろう、発がん性のある化学物質などの危険な物質が見つかった。 中には遺体の防腐処理に使われる化学物質のホルムアルデヒドや、発がん性物質のマラカイトグリーンといった染料が検出 されたケースもあったという。

 今回の検査は主に地方で実施され、食品メーカー180社が閉鎖された。 AQSIQ 当局者によれば、問題の食品が見つかったのは、ほとんどが従業員10人以下の無認可食品加工場だったという。 ただ、中国全土にある約100万の食品加工場のうち、約75%は小規模工場が占めている。 発見されたのは氷山の一角にすぎないと見られ、AQSIQ は今後、都市部での検査に焦点を移す方針。

 中国の食品の安全性をめぐっては、国外に輸出した食品で健康被害の報告が相次いだことから、かつてなく厳しい目が向けられている。

 米国では中国から輸入された成分を含むペットフードや玩具、薬品、魚、化粧品などの製品が相次いでリコールや禁止の対象となった。 パナマでは、中国から輸入された有害物質入りの咳止めシロップを飲んで少なくとも80人が死亡したと伝えられている。





支那よ、何でもアリやな!