簿


( 2007.05.28 )

  

 中国のにせ食品、汚染食品問題。 経済のグローバル化に伴い、中国の 「食の危険」 が海外に飛び火する懸念が高まっている。 国内では、貧富の格差拡大により下層社会の人々にしわ寄せがゆく構造が顕著になってきた。 中国当局は食の問題の啓発と改善に本腰を入れ始めたが、効果はいっこうに上がっていない。

■ 「下水溝油」

 5月半ば、モンゴルのウランバートルで中国製即席ラーメンを食べた学生2人が中毒死したと地元紙で報じられた。 因果関係は証明されていないが、そのラーメンが、俗に 「 下水溝油 」 と呼ばれる質の悪い油で作られた可能性が指摘された。

 中国では、食品工場などの油を含んだ下水を再加工して作った 「 下水溝油 」 を利用した偽即席ラーメンが本物そっくりのパッケージで格安で市場に出回り、ときどき農村で食中毒事件が報道されてきた。 今回の事件は問題が周辺途上国に飛び火する危険性を示したと受け止められている。


■ 「有坑乳」

 「 中国では雑菌処理のために牛乳タンクに抗生物質をぶちこむケースもある 」。 中国で酪農指導を行う酪農家は、こう話した。

 病気治療のため抗生物質を乳牛に投与したあとに絞った牛乳には抗生物質が残留するが、そのまま売られることも日常的だという。 有機農法による穀物で飼育された乳牛もいるが、こうした安全な牛乳と抗生物質が残留している 「 有抗乳 」 との値段の差は実に6~7倍。 中小の牛乳メーカーでは 「 有抗乳 」 が横行しているのが現実だ。


■ 「民工米」

 同じ問題はコメにもある。 発がん性のあるカビがはえた古米は市場流通を禁止されているが、出稼ぎ農民( 民工 )向けの工場や建設現場の食堂に安く卸され、 「 民工米 」 と呼ばれている。 その一方で、今年から日本産米の輸入が解禁され、富裕層をターゲットにしたコシヒカリなど超高級米が7月初めにも高級スーパーに並ぶことになる。

 最近の新華社系時事週刊誌 「瞭望」 の特集記事によれば、食品工場45万のうち、35万が従業員10人以下の小規模工場で、22万が食品製造に必要な衛生許可証などを備えていない零細工場 という。

 中国政府は最近、食の安全の啓発に力を入れ、都市部の富裕層の間では有機農法ブームが起きている。 しかし、食品製造の現場を支える労働者や農民の啓蒙や、貧困層の食の安全はまったく省みられていないのが現状だ。





( 2014.06.19 )
!?
  


 工場からの汚水や生活排水が流れ込む下水。
 マンホールを取り外し、その下水からかき集めたヘドロ状の汚物から精製した油を、中国では 「地溝油」 と呼ぶ。
「中国では料理で使用した油をそのままキッチンの排水溝に流してしまうため、下水はドロドロ。 工場でも環境配慮が皆無のため、油分を含んだ排水が垂れ流しの状態なんです」
( 在北京の通信社記者 )
 つまり下水は、地溝油の原料の宝庫となる。
「地溝油は、集めた 原料” を密造工場で煮詰め、濾過ろかを繰り返して作ります。 1トンの地溝油を作るのにかかる費用は、邦貨換算で約4200円。 ちなみに、日本で流通する業務用食用油の小売価格は、1トン約26万円です」
( 前同 )
 密売グループは、1トンの “毒油” を1万円程度で販売しているというから、実にオイシイ商売に違いない。

 かくして、地溝油は中国全土に爆発的に広まった。
「すでに、中国の食卓の4割近くに混入していると言われています。 屋台はもとより、旅行ガイドにある有名料理店でも、地溝油を使っているケースがあると聞きます」
( 現地の商社マン )



 どのくらい健康に悪いかというと、 「地溝油には胃がんの原因となる物質が含まれているため、食べ続ければ一定期間を経て死に至る」 と、中華医学会の鐘南山会長が警告するほど。

 見分ける方法は、
「通常の食用油に比べると少し黒ずんでいて、なめると辛味がある」
( 前同 )
 のが特徴だとか。

 ただ、四川料理など、味付けが濃い料理に使用した場合、ほとんど見分けがつかないため、健康を気にする市民は皆、ブランド油を買っているという。

 ところが、そのブランド油にも “地溝油混入” 疑惑が持ち上がっているのだ。

 ニューヨークを本拠とするテレビ局 「新唐人」 が、
「中国北部における地溝油密売ルートの最終的な買い手は、大手メーカーの嘉里粮油有限公司。 メーカー側は弁明しているが、同社の食用油 『金龍魚』 は中国で非常に有名」
 と報道。

 さらに、 「大量の地溝油が、 “食用油” と書かれたトラックで、天津にある嘉里粮油有限公司に運ばれた」 ことが判明したというのだ。