簿


2006.11.25 )

  


 中国浙江省杭州で最近開かれた衣料・食品フェアで 毒性の強いニセモノの冬虫夏草やハシマ油( 乾燥食用カエルの卵巣脂肪 )、山参( 野生の高麗人参 )など7種類の偽造健康食品が大量に販売されていた ことが24日、杭州市当局の検査結果で明らかになった。

 偽造食品が販売されたのは杭州市内の浙江コンベンションセンターで開かれた 「 2006年服装( 消費品 )フェア 」 で、毒性の強いニセの冬虫夏草が1グラム当たり30元( 450円 )、高麗人参が1グラム当たり10元( 150円 )で販売されていたという。 25日付の中国紙 「 都市快報 」 が伝えた。

 購入した市民が服用後、下痢や<嘔吐おうとなどを訴え、当局が調査して判明。 近年、杭州だけでなく、中国各地で同様のニセ健康食品が販売されるケースが増えており、食品の衛生管理、販売監督のずさんな実態を憂慮する消費者からの苦情が増えている。