( 2012.06.08 )
使


 7日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、日本の丹羽宇一郎・中国大使とのインタビュー記事を掲載。 丹羽大使はこの中で、東京都の石原慎太郎知事による沖縄県の尖閣諸島購入計画について、 「実行に移されれば、日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」 と強く批判した。
 同大使は 「 ( 日中関係改善に向けた )数十年にわたる過去の努力が水泡に帰すのを許すことはできない 」 と強調。 購入計画は法的な問題に直面する可能性があるほか、購入のための事前調査でさえ、外交的には中国側を刺激する恐れがあると懸念を表明した。
 丹羽大使はまた、日中関係の危機は両国間の経済関係にも影響を及ぼしかねないと警告した。
   フィナンシャル・タイムズ紙は、尖閣購入計画に対する日本政府の反応について、玄葉光一郎外相による 「 冷静な対応の呼び掛け 」 を紹介した上で、 「 控えめだ 」 と指摘。 丹羽大使の発言は 「 尖閣購入計画に対する日本政府の反応の中で、今のところ一番強いものだ 」 と位置付けている。





( 2012.06.08 )

 


 丹羽宇一郎駐中国大使が英紙のインタビューで東京都の石原慎太郎知事による沖縄県・尖閣諸島( 中国名・釣魚島 )購入計画に反対を明言したことについて、中国メディアは8日、英紙の記事を転電するだけでなく、発言をめぐる日本政府の対応も含めて詳細に報じた。

 8日付の新京報は国際面で 「 日本大使、東京都 “釣魚島購入” に反対 」 との見出しを付け、論評抜きで事実関係を報道。 同時に藤村修官房長官が記者会見で 「 政府の立場を表明したものでは全くない 」 と否定したことも伝えた。

 北京青年報は、国際面で丹羽発言に加え、日本政界に与える影響の大きさも指摘。 中国外務省の談話や中国政府の対応についても行数を割いて説明した。





( 2012.06.08 )

 使


 丹羽宇一郎駐中国大使が東京都による沖縄県・尖閣諸島購入計画に反対を明言したことについて、自民党は8日、外交部会の会合で、丹羽氏の更迭を求めていく方針を決めた。 会合では 「 中国に誤ったメッセージを与える 」 との批判が相次いだ。





( 2012.06.08 )
使

 東京都の石原慎太郎知事は8日の定例会見で、丹羽宇一郎駐中国大使が英紙インタビューで、東京都の尖閣諸島購入計画に反対を明言したことに、 「少なくとも、日本を代表して北京にいるべき人物じゃないということだ」 などと厳しく批判した。 丹羽宇一郎駐中国大使に関連する会見等は以下の通り。




 
丹羽中国大使が、都の尖閣購入が実行された場合、日中関係に問題を起こすと発言し、さらに、習近平国家副主席との会談に同席した際に、 「 日本の国民感情はおかしい 」 「 日本は変わった国 」 と発言していたが
  「あいつが変わってるんだよ。 だいたいだな、伊藤忠の社長ごときものをだね、そんなものをね、この日中関係のこういう大事な時に、大使として送る方が間違っている。 だいたい、尖閣の問題があったときに、例の衝突事件のときかな、真夜中にいびりで何回呼び返され、そのたびに 『 はいはい 』 と、夜中の3時に相手の外務省なんのつもりか分からないけど、出ていくのはばかだよ。 おれは寝てるからって、日が変わってからにしろって言ったらいい。 失敬千万だ、奴隷のごとく使われて。まあ、そんなもんだな、日本の外交官というのは」
「昔、中江要介という、私が非常に親しくかわいがっていた青年、舞台のバレエの台本なんかやってて。 この男もインテリゲンチアでましかとおもったら、中国大使になったらがらっと変わった。 驚くほどものの考え方が変わった。 とにかく、日米安保、日米関係は中国の障害なので、これをなくさないといけないと言い出して、外務省が非常に困惑して迷惑した。 そういうなんか日本人が突然北京に誕生するというのも、不思議というか恐ろしいというか、相当なとこなんだな。 どんな抑圧、どんな洗脳が行われているかは知りませんがね。 少なくとも、日本を代表して北京にいるべき人物じゃないということだな」
東京都、都知事としてこの発言に対して抗議などする予定は
  「もう少し自分の国のこと勉強してものを言えと。 じゃないと大使の資格ないよ、こんな奴は」
尖閣諸島について、東京都が購入を計画しているのは4島のうち3島ですが、久場島についてはどう考えているか
  「聞いたところ、地権者の妹さんの所有になっている。 私は、地権者が自分の相続人になっている妹さんにどういう話、説得されるか分からないが、あわせて取得できるものと思っている」
4島の購入を考えていると
  「はい。 だって1島だけ別の人が持つとややこしいじゃないですか」
11日に地主と懇談し、金額についても話すのか
  「それはもうすでに話している、その他この他。こういう話はいちいち具体的に微細にあなた方に話をするものでもないし、余計なものが漏れれば、まとまる話もまとまらなくなる。 今の限りにしておいてほしい」
地権者は国に売ることに今も反対している印象か
  「さあ、それも彼と会って話をしようと思う。もし野田君( 佳彦首相 )が心変わりして今でも買うって言うんだったら、さっさと買ってもらいたい。 国がもともとすべき仕事だから。 やらないんだから自民党も民主党もずっと。 こないだの衝突船長、あの犯罪人も、拘留もせずに釈放するわけでしょ、向こうに言われるままに。 地方の検事の裁断でしたと言うけど、検事かわいそうだね、あの検事よっぽど出世させてやらないと。 だから参考人で呼んだらどうだと言ったんだが、呼ばないだろうな。 君らが言って大いに呼べ呼べと言ってやれよ。 メディアもしっかりしろよ、政府を追い込むまでやってくれよ、こういう時に。国民が燃えているんだから。 メディアが燃えないから。 朝日はどうも反対らしいけど。 ま、なんでもいいや」
夕方に野田総理が大飯原発再稼働について記者会見するが、知事の見解は
  「政府は政府の判断で、国家の安危を左右するものだから、どれだけ実質的なことやってるか知らないが、あるタイムスパンを構えて、その間何%の経済成長をする、しなかったら生活はこうなるけどいいのか。 いずれにせよ何%の成長するためには、どれだけのエネルギーを、どういう形で担保するのか、そのうち原発が何%占めなかったら成り立ちませんという、そういうシミュレーションを示したからやったらいい。 とりあえず夏に停電になるかもしれないということではなく、もっと緻密ちみつに国民が納得できる手順を踏んで発表したらいいと思いますよ」
「田中角栄( 元首相 )の時にオイルショックの時の政令は今でも生きている。 なぜ政令出さないのか。 たとえばパチンコ屋がちんじゃらちんじゃら過剰にやってることとか、あのころはなかった自動販売機なんてのは、あのとき東京が過剰じゃないか、東京の夜は明るすぎるんじゃないか、こんな電力いらないんじゃないかと言ったから、パチンコ業界も、最初はサントリーも反対したけどコカ・コーラがそうだと言って自粛することで、自動販売機の電気の使用量が減った。 政府が言えばいいんだ、政府が。 最高の権限もってるんだから。 総司令官なんだから。 軍隊じゃないけど号令出したらいい。 それが政令というもんだ。 それも知らない担当の大臣がやってきて、首都圏で節電をお願いしますと言ったって、君、東京も神奈川県も千葉県も回るのかって聞いたら、とりあえず東京だけって言うから、政令出しなさいと言ったら分からずぽかんとしている。 『 てにをは 』 を教えたが、結局出さなかったね、あの時も政府は。 私があそこで言ったことを取り次いでくれたからね、パチンコ業界や自動販売機業界は自粛してくれた。 電力助かった。 出せばいい、出せばいい、国が。 号令したらいい、政令を出したらいい、それが指導力ってもんじゃないですか」
9日、10日から尖閣に都の職員が行くということだが
  「あれ行きません、行きません。 やめさせました。 行くときはちゃんと東京都の船で行きますから」
やめさせた理由は
  「政治色が強いグループということで、自粛したというのかな、止めたようですよ」
9、10日は今まで一番大きな規模で、国会議員も6人、都議も参加ということだが、どう思うか
  「いいことじゃないですか。 上陸してみたらいい。 いかに峻険しゅんけんな島で、苦労してある連中が志で灯台建ててくれた。 いってみたらもっと分かる。 一人過労で死んだりもしているのに、その灯台を外務省の腰抜けがシナにおもんぱかって、時期尚早と言って20年近くチャートに載せていなかった。 こんなばかなことをする国はないね。 あそこを航行する人間たちにとって生命の危険にかかわる。 と言ったのに外務省は、知らん顔をして、特にシナにはばかって、時期尚早と言って、また歴代自民党の政府もそれに従ってきた。 私はそういう自民党に我慢ならない。 今の政府も良くないけどね。 外務省の役人の身の程にも、あそこを航行する日本人、シナ人、台湾人、朝鮮人たくさんいるだろう。 そういう人間たちの、船に乗っている人間の生命の安危を保証するのは、国家としての責任じゃないですか。 それを果たせないで、せっかくできたものをチャートに載せないことはかえって危険なんですよ。 そういうばかなことを延々やってきた」
 






( 2012.06.14 )


 丹羽宇一郎駐中国大使のことだ。 英紙インタビューに対し、東京都による尖閣諸島購入計画を 「 日中関係に極めて深刻な危機をもたらす 」 と述べ、習近平国家副主席との会談に同席した際には、 「 日本の国民感情はおかしい 」 「 日本は変わった国 」 などと発言したそうな。

 その後、外務省を通じて 「迷惑をかけた」 と連絡したらしいが、それって保身でしょ? 丹羽大使は以前 「国益のため」 と金満中国へのODA継続の必要性を強調していた が、共産党政府の錬金術の一つが 日本国民の血税=ODA だってこと、元商社社長が知らないハズもない。

 そもそも、丹羽大使の眼は節穴だ。 いや確信犯なのか? 秋に行われる中国共産党大会( 第18回 )を待たず失脚した薄煕来・前重慶市トップが推進してきた重慶モデル-毛沢東時代の革命ソングを歌い、暴力団を一掃する運動( 唱紅打黒 )を昨年11月に視察した際、 「 重慶では庶民の誰もが、とても満ち足りた生活を送っている 」 と絶賛している。

 薄氏には、大連市長の時代からさまざまな “灰色の噂” があった。 また商務部部長時代には、ニュージーランドを代表する巨大企業フォンテラ社から河北省の 「毒ミルク製造」 企業へ8億元という大型投資の提携にかかわった。 さらに重慶時代の表向きの功績は 「 汚職、暴力団を一網打尽 」 だが、現実は 「 冤罪えんざいを含め何万人もが拘束された 」 「 縄張りではない企業の経営者を次々と逮捕 」 だったのだ。

 失脚後は数百億円とも報じられる 「 中国人の十八番 」 の不正蓄財や、海外への資産移転の実態などが発覚。 妻は英国人の毒殺に関与した他、単独&夫妻でのさまざまな容疑も浮上している。

 この極悪非道な人物を、丹羽大使はじめ政官財&一部メディアは長年、 「 有能な知日派 」 とたたえ援助交際を続けてきた。 共産党政府の “小間使い” たちの代わりに言う。 中国は近々に “内戦状態” となる。 日本企業は一刻も早く、撤退か移転すべきだ。





( 2012.12.21 )
使
  

 丹羽宇一郎前駐中国大使は20日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との関係について 「外交上の係争はある。 『ない』 と言うのは理解不能だ」 と述べ、 「領有権問題はない」 とする日本政府の立場の変更を求めた。

 丹羽氏は 「 今さら領土問題があるとは言えないが、向こうが黒と言い、こちらが白と言えば争いだ。 争いを越えて両国の国益のために何をしたらいいのか考えるのが外交だ 」 として、両国政府が協議するよう求めた。

 その理由として 「 尖閣は臨界点を超えさせてはいけない。 臨界点は軍隊が出ることだ 」 と強調。 一方で、 「 話し合いで領土、主権問題は解決しない。 日本は一寸たりとも譲歩すべきではない 」 とも述べた。 日本が係争の存在を認めれば中国の挑発がやむのかとの問いには 「 それ以外、道はない 」 と述べるにとどめた。

 9月に尖閣の国有化を決定した野田政権の対応については、 「 この時期にそういうことをしたら事を荒立てるのではないかと中国にいて思った 」 と疑問を呈した。 丹羽氏は18日に大使の任期を終えたばかり。





( 2013.02.19 )

 


 丹羽宇一郎前駐中国大使は19日、都内で講演し、中国海軍による自衛艦へのレーダー照射問題について、 「 首相や防衛相への報告が遅れても許されるような事件だ。 メディアも大騒ぎするな 」 と語った。

 沖縄県・尖閣諸島に関して日本は 「 領土問題は存在しない 」 との立場だが、丹羽氏は今春に韓国で開催予定の日中韓首脳会談を機に 「 係争を認め、中国と話し合いの場を作ることを考えるべきだ 」 と述べた。

 昨年の日本の尖閣国有化については 「 せめて日中国交正常化40周年が終わる12月末まで( 待てなかったのか )。 場合によっては5年であろうと4年であろうと急ぐこともない。 大変疑問に思った 」 と当時の民主党政権を批判した。

 さらに、 「 ( 日中友好に歴代首相が )大なり小なり努力されたのを一人の首相が壊していいのか 」、 「 日米中の三角形の関係で、二辺( 日米 )だけを強力にするのは長い目で見て正しいのか 」 とも発言し、日米同盟強化を掲げる安倍晋三首相を牽制した。

 一方、言論統制の厳しい中国をよそに 「 日本に帰国してびっくりしたのは皆さんが勇気ある発言をされない。 思っていることを仰らない空気を感じた 」 と指摘。 「 中国は自然の空気は悪い。 日本はもっとたちの悪い空気だ。 どっちが本当に国民が幸せなのか 」 と語った。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 支那のほうが幸せに暮らせると思っているのなら、ウダウダ言ってないでサッサと支那に帰化すればいいのに




( 2012.11.16 )
 11月15日、中国では習近平新体制が始動。 日本より一足早く指導者が交代した隣国で、お役御免のあの人がハメを外した問題発言を連発していた。 嗚呼、こんな人が 「在中国特命全権大使」 だったなんて。

ビデオで録画されている

 「日本は裸の王様だ。 尖閣諸島について領土問題は存在しないなどという主張は即刻止めるべきだ!」

 これは、11月14日に閉会した第18回中国共産党大会での、共産党幹部の発言 …… ではない。 大会の終了と共に、ひっそりと北京を去った一人の日本人の発言だ。 何を隠そう、一昨年7月に、初の民間駐中国大使として鳴り物入りで赴任した丹羽宇一郎前大使( 73歳 )がその発言主である。

 仮にも日本の特命全権大使を務めた人物の口から、なぜ、そしてどんなシチュエーションで、このような“暴言” が飛び出したのであろうか。

 丹羽大使が執務し、また住居としたのは、北京北東部の亮馬橋地区に建つ日本大使館と日本大使公邸である。 このあたりは 「 リトル・トーキョー 」 と呼ばれ、9月の反日暴動デモで徹底的に破壊されたことをご記憶の方も多いに違いない。 日本大使館及び大使公邸の南側には、日本料理店がズラリと軒を並べる 「 ラッキー・ストリート 」 がある。 反日暴動から2ヵ月が経つというのに、各日本料理店はいまだに、日本人だけで入って日本語で会話していると襲われかねないという緊張感が漂っている。

 そのラッキー・ストリートの一角に、 『 大徳酒場 』 という看板のかかった居酒屋がある。 この店も他店と同様、9月のデモ以来、しばらくは臨時休業状態だったが、10月に入って営業を再開した。

 11月3日午後6時、この 『 大徳酒場 』 の地下2階を貸し切りにして、日本人のある 「 極秘パーティ 」 が開かれた。 主催者は、在北京日本人記者クラブ。 主賓は、丹羽大使だった。 参加した北京特派員の一人が語る。
「 丹羽大使は月に1~2回、記者懇と呼ばれるオフレコ懇談会を開いていました。 これは 『 発言を報道しない 』 という紳士協定のもと、夕刻に大使公邸などに各社の中国支局長らを集めて、夕食を共にしながら大使が内外の情勢について語るというものです。 正直言って丹羽大使のオフ懇で役に立ったことはほとんどないのですが、2年4ヵ月のあいだ大使を務めたことを慰労しようと、記者クラブで送別会を催したのです。 費用は一人300元(約4000円)で、大使はもちろん招待です 」
 この日は、約40人の日本人特派員たちが一堂に集まり、丹羽大使を拍手で迎えたという。 参加した北京特派員が続ける。
「 丹羽大使は、二つあるうちの奥のテーブルの上座に座りました。 奥のテーブルが支局長クラス、手前のテーブルが支局員クラスという席順でした。 事前に、プレゼントの要望を確認したところ、 『 こんなに北京に長居するとは思わず、荷物をすでに日本に送ってしまったので、冬物の衣類が欲しい 』 とのことでした。 それで11月の幹事社のフジテレビ特派員が、北京のユニクロで白のカーディガンと赤のマフラーを買って来て、プレゼントしたのです。 『 日本の国益を守ってくれたことに感謝して、日の丸をイメージしました 』 と言ったら、大使はご満悦でした。 幹事社のフジテレビは、送別会の模様をビデオに撮る役目も務めました 」
 送別会では、丹羽大使の大好きな熱燗や、刺身、湯豆腐、焼き鳥などが、次々と運ばれた。 任期中はむっとしていることが多かった丹羽大使も、この日ばかりは上機嫌で、熱燗をぐいぐいと呷ったという。


そこまで中国の肩を持つのか

 そして夜8時過ぎ、宴もたけなわとなったところで、花束贈呈と丹羽大使の締めの挨拶となった。 ゆっくりと立ち上がった丹羽大使に花束が贈られる。 その後、丹羽大使はホロ酔い加減で、日中関係についての所感を述べた。
「 日中関係の局面は、ここ最近で大きく変わった。 これ以上中国との関係が悪くなったら、40年前の国交正常化前に戻ってしまう。 そんな中で北京を離れるのは、正直言って心残りだ 」
 最初はこのように全体的な所感を述べていたが、まもなく離任という安心感もあってか、発言内容は次第に過激になっていったのだ。
「 だいたい日本政府は、 『 尖閣諸島について領土問題は存在しない 』 なんて言ってるだろう。 いまどき 『 領土問題がない 』 なんて言ったら、世界中の笑いものだよ。 こんな主張は、パンツを穿いてないのに、自分だけパンツを穿いてると主張しているようなものじゃないか。 外国から見れば、日本がオチンチン丸出しで騒いでいるようなものなんだよ。 つまり日本は裸の王様だ。 こんな主張は、早く止めるべきだ! 」
 冒頭にも一部を紹介した、この突然の 「 尖閣パンツ発言 」 や 「 オチンチン丸出し発言 」 に、会場は凍りついたという。 ややあって、大使の近くにいた人物が、 「 大使、今日はカメラが回っています 」 と注意を促した。 すると丹羽大使は、激昂して言った。
「 だから何だというんだ。 これはオンでいいんだよ。 放映したらいいじゃないか! 」
 この後も、さらに丹羽大使の “問題発言” は続いた。
「 いま中国からの監視船などが、毎日毎日、日本の領海や経済水域に入って来ているだろう。 あれは中国からの挨拶なのであって仕方ないんだよ。 向こうにも向こうの立場があるんだから。 われわれは中国の立場を考えてやらなければならないんだよ 」
 別の北京特派員記者が続ける。
「 実は宴会場のひとつ上の階では日本人学校の父兄会をやっていて、部屋が吹き抜けのため、大使の声は父兄や小学生の子供たちにも筒抜けでした。 それなのに大使が 『 パンツ 』 だの 『 オチンチン 』 だのと大声で語ったのですから、父兄たちはいったいどうやって自分の子供たちに釈明したのだろうと心配になりました 」
 別の参加者も、怒り心頭で語る。
「 この人はまるで中国政府の役人のような物言いをするなとはっきり言って呆れてしまいました。 それで複数の記者が大使発言の内容を日本の本社に送ったのですが、本社のほうで 『 あまりに過激な発言なので発表を見合わせよう 』 ということにしてしまいました。 どの新聞社も、テレビ局も丹羽大使のこれらの暴言を報道していません 」

大使館職員をあ然とさせた

 送別会のあいだ中、丹羽大使は饒舌だった。 丹羽大使は、 「 任期中に中国31の省・自治区・直轄地すべてを訪問する 」 と公言しており、実際、地方行脚が多かった。 そこで記者の一人が、 「 大使は現代版の水戸黄門様ですね 」 と持ち上げた。 すると、上機嫌で次のように答えたという。
「 そうなんだよ。 ほとんどすべて回ったんだけどね。 最近は、外務省からストップがかかっちゃうんだよ。 弾が後ろから飛んで来て大変なんだ。 特に、8月の敦煌視察は楽しみにしてたんだけど、結局ダメになっちゃった。 それ以来、地方に行けないまま、こうして任期が来ちゃったんだ 」
 この記者は、 「 大使としての視察を、敦煌観光の物見湯山と勘違いしているようで驚いた 」 と語る。

 そこでこの敦煌の一件を、北京の日本大使館職員に確認すると、この職員も呆れ顔で明かした。
「 8月12日に、反日活動家を乗せた香港の船が、尖閣諸島へ向けて出発しました。 しかしそのニュースを聞いても、丹羽大使は、8月15日から19日まで予定していた 『 敦煌・蘭州視察 』 へ絶対に行くと言って聞かないのです。 まるで雨が降っても遠足に行くと駄々をこねる子供のようでした。 東京の本省からも再三、丹羽大使を説得し、8月13日の夜になってようやく断念したのです 」
 丹羽大使には、尖閣問題で日本外交がいかに正念場に立たされているかという自覚がまったくなかったのだ。

 実はこうした丹羽大使の態度は、就任以来変わっていない、とこの職員は明かす。
「 そもそも尖閣問題が沸騰したのは、2年前の9月に、尖閣諸島の海域で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突するという事件が起こった時からです。 この時は、北京の日本大使館も非常事態となりましたが、その時、就任して間もない丹羽大使は、どうしてよいか分からず、あたふたするばかりでした。 そのくせ 『 一体いつになったら地方視察を解禁してもらえるのだ 』 と、何度も本省に要求していたのです 」
 その後、丹羽大使と大使館職員たちが 「 乖離 」 したある事件が起こったという。
「 漁船問題がようやく落着した2010年秋に、北京で原子力安全に関する日中会議が開かれ、担当の文部科学省の人たちが東京から訪れました。 その時に大使館で事前打ち合わせをやったのですが、丹羽大使が突然、 『 尖閣諸島を、日中共同の核廃棄物の最終処理場にすればいいじゃないか 』 と発言したのです。 その時の文科省の人の驚きようといったらありませんでした。 われわれ大使館の人間も、漁船問題に対する丹羽大使の無能さには呆れていましたが、この発言を聞いて、この人には付いていけないと確信しました 」 ( 同日本大使館職員 )
 何をもって 「 尖閣核廃棄物処理場構想 」 をブチ上げたのかは不明だが、これは他ならぬ在中国日本国特命全権大使の発言なのだ。

 ともあれ、尖閣問題や反日デモなどに何の手も打てなかった 「史上最低の中国大使」 は、こうして2年4ヵ月の任期を終えたのだった。

 そもそも丹羽大使を任命したのは、民主党政権であり、特に当時の岡田外相の推薦が大きかった。 民主党は2年余りの対中外交の失政の責任を、12月16日の総選挙で問われることになる。