尖閣衝突事件

(2010.09.25)

  


 沖縄の尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は24日、逮捕された船長を処分保留で釈放することを決めた。
 今回の結論に、国内からは一斉に批判が噴出した。
 麻生太郎元首相は 「 いつから地方の、地検の次席検事ぐらいが、国際のことを考えて法律曲げるんだね。 おかしいと思わんかね 」 と述べた。
 安倍晋三元首相は 「 極めて愚かな判断ですよ。 間違いなく、間違ったサインを中国に送ることになってしまいます 」 と述べた。
 自民党の谷垣禎一総裁は 「 中国の圧力に屈したと、こういう印象を持ってしまうと、やっぱり今後のためにもよくないんですね。 国民にきちっと説明責任を果たすべきだと、政権がですね、果たすべきであると、こういうふうに思います 」 と述べた。
 みんなの党の渡辺喜美代表は 「 ここまで明白な外交的敗北で解決するっていうのは、もう開いた口がふさがらない。 無理難題吹っかけられたら、すぐ腰砕けになって、もう釈放でもなんでもしちゃうと 」 と述べた。
 たちあがれ日本の平沼赳夫代表は 「 ここで船長を釈放しましたら、暗に国際条理において、中国の領有権を日本が認めたということにもつながりかねないと 」 と述べた。
 さらに、批判は身内からも噴出した。
 民主党の松原 仁議員は 「 日中関係は、こうやって中国が、日本に対して、どう喝を加えれば、日本は言いなりになるという、間違った中国に対しての認識を与え、誤ったメッセージを世界に与えるということは、私は日本の国益を重視する立場から、極めて残念だというふうに思います 」 と述べた。
 また、東京都の石原 慎太郎知事は 「 言語道断だね。 屈辱では済まない問題だと思いますね。 あなた方が頑張ってだな、( 海上 )保安庁が持ってるビデオ公開させろよ。 国民はそれをもってどう判断するかだよ、今の政府を。 これでとんでもないものを失うよ、日本は 」 と述べた。