尖閣衝突事件

( 2010.09.24 )

  


 尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で、那覇地検が中国人船長を処分保留のまま釈放することを発表したことを受け、柳田稔法相は24日夕、法務省でコメントを発表。 「 法相としての指揮権は発動していない 」 と強調したが、報道陣からの質問は一切受け付けなかった。

 法相は那覇地検の判断について、 「 福岡高検や最高検と協議の上での決定だったとの報告を受けた 」 と説明。 「 検察当局の決定後、発表する前に報告を受けた 」 として、 「 検察庁法第14条に基づく指揮権を行使した事実はございません 」 と述べた。

 釈放の理由については、船長が漁船を故意に石垣海上保安部所属の巡視船に衝突させたことは明白としながらも、( 1 )計画性が認められない( 2 )海上保安官が負傷するなどの人身被害がなかった( 3 )船長はトロール漁船の1船長で日本における前科がない( 4 )日中関係の重要性( 5 )関係当局による今後の再発防止の努力を考慮した、との報告を受けたことを明らかにした。

 その上で、 「 個別の事件での検察当局の処分について、法相としての所感を述べるのは差し控えたいが、一般論として申し上げれば、検察当局において諸般の事情にかんがみ、法と証拠に基づいて適切に判断したものと承知している 」 と述べた。