ギョーザ中毒事件で容疑者拘束 「天洋食品」 元臨時工

 中国の警察当局は26日までに、2008年1月に発覚した中国製ギョーザ中毒事件で、ギョーザに毒を入れたとしてギョーザ製造元 「 天洋食品 」 ( 河北省石家荘市 )の元臨時工、呂月庭容疑者( 36 ) =河北省出身= を拘束した。 新華社電が伝えた。

 中国政府は27日未明までに外交ルートを通じ 「 容疑者の男を拘束した 」 と日本政府に伝達した。

 事件は発生から2年余りを経て解決へ向け大きく前進した。

 公安当局は犯行に使用した注射器などを発見した。 呂容疑者は容疑を認めており、給料や待遇などの不満から犯行に及んだという。

 事件は 「 天洋 」 製のギョーザを食べた千葉、兵庫両県の3家族計10人が中毒症状を訴え、9人が入院したことで表面化。日中両国は捜査協力で合意したが、双方が自国でのメタミドホス混入の可能性を否定、中国側の捜査はいったん中断、難航していた。

 しかし 「 天洋 」 が回収したギョーザを食べた中国人がメタミドホスによる同様の中毒症状を訴える事件が発生し、事態は一変。 中国側は天洋工場内で故意に混入された疑いが強いとみて国内捜査を再開し、生産ラインで勤務していた従業員や臨時工員らを中心に徹底追及を進めていた。

 天洋食品の問題のギョーザは、日本たばこ産業( JT )のグループ企業の 「 ジェイティフーズ 」 が輸入販売元となり、日本国内で売られた。( 共同 )

( 産経新聞 2010.3.27 00:19 )