中国、国内でギョーザ中毒認める 日本で混入の主張転換

 【 北京6日共同 】 中国外務省は6日、中国製ギョーザ中毒事件をめぐり 「 中国国内で6月中旬に中毒事件が起きていた 」 と認めた。 その上で 「 中国政府は事件を極めて重視している。 公安省が全力を挙げて捜査を展開している 」 と表明した。

 共同通信の書面質問に答えた。 質問は 「 天洋食品( 中国河北省 )が回収した冷凍ギョーザで、6月中旬、中国国内で中毒事件が起きたか 」 との内容。 回答は、天洋の回収食品と中毒の関連性を強く示唆、農薬が日本で混入した可能性が高いとする中国側の従来の主張を大きく転換する内容だ。

 一方、工場地元の河北省衛生庁衛生監督局は天洋食品のギョーザについて 「 同じ皮でつくったギョーザはすべて廃棄してある 」 と述べ、国内で流通したとの見方に疑問を呈した。 輸出食品の安全管理を担当する中国国家品質監督検査検疫総局は 「 日本からの報道で初めて知った。 事実関係を確認中 」 と述べ、事件発生の確認を避けた。

( 中日新聞:2008年8月6日 21時40分 )