( 2009.02.04 )
三峡ダムの汚染源に?

 枯渇と汚染が進む中国の水資源枯渇については、かつて、黄河上流には4000もの湖があったが、現在では半減しているという。 水資源の枯渇は河川の断流を引き起こし、流域に深刻な水不足を招いている。 これに対して農村部における給水事業は国家規模での投資が必要となる。

( 2009.2.4 )水辺に洗濯機ズラリ!
ダム湖のほとりで洗濯をする市民

 ダム湖のほとりで洗濯をする市民が後を絶たず、水質汚染が懸念されている。 三峡プロジェクトが貯水量175メートルを過ぎたころから、この水を利用しようと洗濯に訪れる人が増え、毎日大量の洗濯排水がダムに注がれている。

( 2009.2.6 )水源はゴミだらけ 経済発展の裏側の惨状 重慶
水源はゴミだらけ

 重慶市の雲陽県新陽郷を流れる新陽小河では、付近にゴミ処理場がないため現地住民や清掃員がゴミを川に直接投棄している。 長江三峡ダムの支流で、飲料水の水源として一級保護区に指定されているのだが、洪水の季節になるとこのゴミがそのまま三峡ダムに流れ込むという。
 付近の農村が発展するにつれ投棄されるゴミの量も増えており、現地当局はゴミ処理場の建設を要望している。