( 2012.09.18 )

 



日本政府による尖閣諸島国有化に反対し、北京の日本大使館前で気勢を上げる人たち
 中国各地で15日発生した反日デモで、暴徒による破壊行為が多発したことに対し、中国の短文投稿サイト 「 微博ウェイボ 」 上には 「 愛国に名を借りた強盗 」 「 なぜ黙認するのか 」 などと暴徒の行動や政府の対応を批判する書き込みが多数あった。

 書き込みは各都市での破壊行為が明らかになり始めた同日正午ごろからあった。 「 ならず者がこんなに多いとは信じられない 」 「 知性はないのか 」 などと暴徒らを非難した。

 また 「 愚か者を国家機関が放置していることが恐ろしい 」 「 警察はどこにいる。 社会の安定は重要ではないのか 」 「 これほど騒乱が発生して、なぜ指導者は姿を現さないのか 」 と政府批判も相次いだ。

 






 
  


 満州事変の発端となった柳条湖事件から81年となった18日、中国各地の反日デモは、過激なスローガンが掲げられ、民衆の反日感情はピークを迎えた。 在留邦人らは息を潜めてデモの成り行きを見守った。

 5万6千人の在留邦人を抱える中国最大の経済都市、上海市ではこの日、反日デモの参加者は、1万6千人を超え、いくつもの集団が波状的に、市内の日本総領事館に押し寄せた。

 総領事館を見下ろす近くのマンションには300世帯近くの日本人が住む。 日系企業が相次ぎ休業、日本人学校も休校した。

 住人の日本人男性( 40 )は 「 カーテンを閉めて妻と子供と隠れるようにしていたが、いつデモ隊が突入してくるか、正直怖かった 」 と話した。



 この日のデモ隊は次々とバスで送り込まれる集団が主力となったようだ。
 「 急いで車に乗れ 」。 同日午前10時すぎ、デモ集合地点の一つとなった外灘バンドに集まった参加者は、少し離れた通りに次々と到着した数台のバスに吸い込まれ、10キロ西に離れた日本総領事館まで搬送された。

 デモは 「組織的にコントロールされていた」 ( 日中関係筋 )。 武装警察官がバリケードを開けて、数十人の集団ごとにデモ隊を、総領事館前まで “誘導” する場面もあった。

 北京の日本大使館周辺は約2キロにわたって道路が封鎖され、幾重ものバリケードが築かれた。 公安当局はスピーカーを通じて 「 理性的な行動 」 を呼びかけたが、デモの隊列からは、大使館に向かってペットボトルや石、卵、リンゴなどが散発的に投げ込まれた。

 参加者の間からは、地方なまりの中国語が聞こえてきた。 デモ隊に地方出身者が多く含まれていることがうかがえる。 中にはわざわざ、北京から直線距離で約600キロ離れた山西省から駆けつけた参加者もいた。

 同日朝には、日本大使館の窓ガラス6枚が金属球やガラス玉によって割られているのが見つかった。

 大使館周辺の日本料理店は暴徒の襲撃を防ぐため、市当局の指導に従い、店頭に大きな中国国旗を張るなどの自衛手段を講じた。

 普段は中国人客でにぎわう北京市内のイトーヨーカ堂とセブンイレブンは全店舗が臨時休業。 市内のメガネ店では日本製品が撤去された。

 一方、柳条湖事件が起きた遼寧省瀋陽では同日、 「 九・一八歴史博物館 」 で記念式典が行われた。 午前9時18分( 日本時間同10時18分 )から同博物館の 「 警世の鐘 」 が鳴らされ、市内には3分間、防空警報が響き渡った。 通行中の車両も停止し、一斉にクラクションを鳴らした。

 式典会場周辺と市内の日本総領事館前で行われた抗議行動には合わせて約4500人が参加。 一部暴徒化した参加者が日本総領事館にれんがや石を投げ込みガラスを割った。 式典会場周辺では今年も、日本国旗が焼かれたもようだ。

 ある瀋陽市民によると、市当局はバスを用意してデモ参加者を総領事館周辺まで輸送。 警察車両がバスを先導していたという。

 当局がデモを支援していることをうかがわせるが、中国外務省の洪磊報道官は18日の定例記者会見で 「 最近、中国国内で発生している反日デモは、民衆の自発的行為だ 」 と主張した。

 瀋陽市内の旅行会社に勤める20代の中国人女性は 「 窓からデモ行進の様子を眺めていたら一緒にデモに参加したくなった。 格好良く感じたし、愛国主義の気持ちが引き起こされる 」 と話した。






中国人、とうとうこんな事言い始めたぞ。
完全に暴走モードに突入した。
官製デモとか言ってた連中はどう言い訳するのかね?
   
出た、これは凄いぞ。
日本のメディア関係者ちゃんと眼見開いてみろ!

募集
日本人の娼婦:10時間以上持つのが条件
日本人の男を見たら即殺せ
日本人の女を見たら即犯せ
同意するものは署名をしてください

これが株洲市の中心にある映画館の入口に展示されてる。
尋常ではない!

通州事件とまったく同じだな。
日本のマスコミは報道しろよ。