( 2012.09.16 )

  使


 北京( CNN ) 日本政府の尖閣諸島国有化に抗議する反日デモが、中国各地へ広がっている。 北京の日本大使館前には15日、数千人が押し寄せ、びんや卵を投げ付けた。

 大使館前には若者を中心としたデモ隊が結集。 警察、警備要員が出動するなか、国旗や毛沢東・元国家主席の肖像を掲げ、日本の 「帝国主義」 を非難するスローガンを叫んだ。

 北京のほか多数の都市でもデモが実施され、一部の参加者が暴徒化した。 中国のインターネット交流サイト( SNS )の画像やメッセージは、日本食品店やレストランを襲い、日本車を破壊する群衆の姿を伝えている。 日本のメディアは、中国に滞在する日本人への襲撃が相次いでいると報じた。

 中国外務省の報道官は14日、中国にいる日本人の安全は 「法により守られる」 と述べていた。 これに対し、中国政府がデモを主導しているとする声や、警官が通行人にデモ参加を促したとの指摘も聞かれた。

 ただ、中国側には大規模デモの暴走を懸念する動きもみられる。 15日夜には国営メディアが暴力を非難する論説を掲載して自制を呼び掛け、一部の都市は芸能、スポーツ関係のイベントの中止を発表した。





( 2012.09.19 )

 使


 満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から81年を迎えた18日、全国50以上の都市で反日デモが行われた。 同日午前、北京の日本大使館前には1000人以上が集結、大使館突入を試みた参加者が武装警察に阻止された。

 柳条湖事件が起きた中国遼寧省瀋陽市の「九・一八歴史博物館」で記念式典が行われ、午前9時18分( 日本時間同10時18分 )、3分間の防空警報が響き渡り、通行中の車両も停止し警笛を鳴らした。

 午前中に始まった反日デモは北京、瀋陽、上海、江蘇省蘇州、山東省青島、黒竜江省ハルビンなどで、時間を追って拡大している。

 上海市当局は同日、市内の大学生に校内から外出しないよう指示。 反日デモに参加させないための措置とみられる。

 中国当局は全国の公務員に対し、反日デモへの参加を禁止する通達を出したもようだ。 また、北京市当局は、市内の日系企業に臨時休業するよう勧告。 北京や上海、山東省青島、広東省広州の日本人学校は臨時休校した。

 一方、中国当局は日本製品のボイコットを指示しており、店頭から日本製品が撤去されたり、購入契約が取り消されるなどの影響が出始めた。

 中国メディアによると、15、16日に広東省広州で日本車や看板を破壊した11人が刑事拘留されたほか、陝西省西安や湖南省長沙、青島でも暴徒化したデモ参加者が多数拘束された。





( 2012.09.19 )

  使


 中国政府は19日、尖閣諸島( 中国名:釣魚島 )問題をめぐり、数日間にわたって続いている反日デモの取り締まりに乗り出した。

 デモ活動の中心となっていた北京の日本大使館は、邦人向け電子メールで 「大使館前のデモ活動は弱まったようだ」 と指摘。 北京公安当局のメッセージに触れ、 「大使館区域でデモ活動がおこならないよう当局から協力を求められている」 と明らかにした。

 北京公安当局からは今のところコメントを得られていない。

 日本大使館の外では19日の早い時間に、1人が 「小日本( 日本の蔑称 )を倒せ」 と叫んでいたが、警察官が立ち去らせた。

 反日デモが繰り返されるのを防ぐため、大勢の武装警察が大使館の周囲に配置され、大使館に最も近い地下鉄駅も閉鎖された。


使

 18日には米国のロック駐中国大使が乗った自動車が約50人の中国人に囲まれ、自動車が損傷していたことが分かった。 米大使館のバークハウス報道官が明らかにした。 ロック大使にけがはなかった。

 報道官は 「大使館職員が昨日の件に対する懸念を中国外務省に伝え、中国政府に対し、米国の施設や米国民を保護するためにあらゆる手段をとることを求めた」 と話した。

  姿

 香港紙によると、深センでは民主化や人権を求めた複数のデモ参加者が拘束された。

 満州事変の発端となった柳条湖事件が1931年に発生した18日は、苦い記憶の日として、中国では特に反日感情が盛り上がりやすくなる日だ。

 香港政府は、18日に日本人カップルが香港で暴行を受けたとし、法律を順守するよう市民らに呼び掛けた。

 日本の野田佳彦首相は、中国政府に対し、中国の在留邦人を保護するよう繰り返し求めている。

 中国にある日本料理店は19日も多くが休業を続けている。 いくつかの店舗には 「釣魚島は中国のものだ」 といった落書きが書かれていた。





 


北京の日本大使館前で、スローガンが記された紙を手に反日デモに参加する人たち
 中国各地で発生、日系企業を襲撃するなど一部暴徒化した反日デモでは、多くの参加者が統一スローガンの書かれた横断幕を掲げ、 「中国共産党万歳」 と叫ぶ場面もしばしば見られた。 中国政府は 「日本は中国人民の声を直視せよ」 ( 外務省 )と主張するが、デモの背後には当局の影が見え隠れする。

 「100元( 約1200円 )をもらってデモに集まった人もいる」。 福建省のデモに参加したという男性が打ち明けた。 中国シンクタンク研究者は 「全国のデモを支援する出資者がいるのは間違いない」 と述べ、大規模デモが組織的に行われている可能性を指摘する。




 日本政府による沖縄県・尖閣諸島( 中国名・釣魚島 )の国有化に反対し中国各地で発生した反日デモで、100元( 約1200円 )をもらってデモに参加した人がいるとの証言が浮上している。 専門家は、大規模デモが組織的に行われている可能性を指摘。 人集めの指示を行う公安関係者の姿もあり、デモの背後に当局の影も見え隠れしている。

 北京の日本大使館や各地の日本総領事館などを中心に大勢の人が集まってペットボトルや卵を投げ、日系企業を襲撃するなど一部暴徒化した反日デモ。 共同電によると、福建省のデモに参加したという男性は 「100元をもらってデモに集まった人もいる」 と証言した。

 中国の平均月収( 2010年 )は約3000元( 約3万6000円 )。 都市によって物価は違うが、北京の場合、350ミリリットルのビールが2元( 約24円 )、タクシーの初乗り料金が11元( 約132円 )、映画館の入館料が平均60元( 約720円 )程度で、100元はおいしい “バイト代” といえそうだ。

 中国シンクタンク研究者は 「全国のデモを支援する出資者がいるのは間違いない」 と述べ、大規模デモが組織的に行われている可能性を指摘した。

 また、日本政府が尖閣諸島を国有化した翌日の12日には、抗議デモが行われた北京の日本大使館前からやや離れた場所で、公安関係者がデモのリーダー格とみられる人物に 「もっと人を集めろ」 と話し掛ける姿が見られた。

 参加者が 「中国の領土は神聖不可侵だ」 などと同じスローガンの記された紙を持ち、読み上げる光景も。 スローガンの最後には 「中国共産党万歳」 と書かれていた。

 各地のデモが1972年の日中国交正常化以来、最大規模に膨れ上がった15日。 湖南省長沙では赤地に白や黄色の文字で 「中国領土の侵犯は許さない」 などと書かれた横断幕がやじ馬らに配られていた。 同様の横断幕はその後も各地で確認された。

 中国政府は 「デモは領土と主権を守ろうとする人民の強烈な声を反映している」 と強調。 尖閣国有化に対し、中国政府と国民が団結して抵抗する姿勢をPRしているが、デモの背後には当局の影が見え隠れする。

 長沙のデモでは、参加者が 「腐敗官僚を引きずり降ろせ」 と記した紙を掲げると、当局者が直ちに奪い取る場面も。 反政府、反共産党につながる動きは徹底的に取り締まる姿勢を鮮明にした。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 やっぱ、 中国政府の誘導・ヤラセだったか!
 中国の貧民層がアルバイトしてたんだな!( 笑 )
 さすが、クズ、中国!

 でも、まぁ、こういう中国の官製反日デモ報道を見て、中国に進出している企業とかは、早々に考え直すべきでしょ。
 …… っていうか、中国なんかに行ったら、いつ何時こうなってもおかしいくないってことは、これまでの中国人による反日デモを見ていれば、ごく普通の脳みそがあれば分かることだし。

 それよりも、 「通州事件」 なんか知ったら、私は中国なんて、何があっても行きたくありません。
 「通州事件」 は日本人が知っておくべき真実なんです。
 本当に、阿鼻地獄、 …… もう想像を絶します。
 日本人の感覚では、信じられない。 ありえない。
 しかし、これが実際の中国人なんですから。

 なのに、この 「通州事件」、今の日本人はほとんど、知らないでしょ。
 なぜかと言えば、学校で教えないから。
 でも、戦後の日本では、こういった 「日本が被害者」 で 「外国が加害者」 の歴史については、それが真実であっても、全くの皆無、といっていいほど、学校教育内容からは削除され、戦後の日本人は中国人や韓国人に対して、全く何も真実を知らないまま大人になってしまいます。
 だから、日本人の中国観、韓国観というのは、世界常識と違います。
 だから、日本人は中国や韓国について、正しく理解したりできません。
 まあ、教科書程度の知識しかないんだから、正しく理解する、なんてできるわけありません。

 でも、その中国とか韓国とかは、学校で、公教育で、小さい頃から国民に、徹底して 「反日」 を教え込む国ですね。
 「反日」 を当然として国民に求める国です。
 そういう国だとわかった上で、わざわざ反日教育している国へ進出していくんだからさ、中国や韓国へ進出する企業には、自業自得的なところはある。
 それにしても、イオン系ジャスコが反日デモで破壊される、とかはないんだよだね。
 こういう反日デモを見て、 「日本側も努力するべき」 とかっていう海江田。
 今、日本政府がするべき努力は、中国への日本の金銭的援助、つまり ODA とか、それから中国への日本の技術提供の全面撤退じゃないか。
 とにかくさ、これ以上、日本人の税金を、無駄遣いするのはやめてくれ。
 納税者に聞いてみぃ~。 多分、9割以上の納税者が、中国に金銭的援助したり、技術援助したりするのには大反対だと思うよ。
 だって、私の周りで、中国に税金が流れることに賛成する人は誰もいないもん。 反対する人ばっかりだもん。

 それから、 「中国は世界の工場」 とかって言うけど、日本から機械や部品を輸入しないと作れない中国製品って、たくさんあるよね。
 日本から中国に輸出している、中国人には作れない日本の機械とか、部品とかを、中国のレアメタルみたいにすればいいのに。
 そうしたら、 「世界の工場」 はどうやって製品を作るんだろう。


ニコンのデジカメをクビから下げながら「日本製品ボイコット」のポスターを掲げる青年
 それにさ、中国人がよく 「日本製品不買運動するアル」 とかっていうけどさ、秋葉原で大量に日本の家電や化粧品を買いあさっていくのは、一体どこの国の人間だよ。
 日本には中国人の他にも、世界各地から外国人がやってくるけど、中国人観光客みたいに日本の家電や化粧品を大量に買いあさっていく外国人なんていないよ。
 こんなに日本製品を日本に来てまで大量に買いあさっていく中国人に 「日本製品不買運動するアル!」 って、 …… ただの貧乏人の妬みの発露と言うかなんと言うか ……
 ま、確かに、反日デモのアルバイトにかり出されていくような中国人は、もともと、日本製品を買う金なんて無い、バッタモンの 「なんちゃって日本製品」 を買う人たちで、日本旅行に来る金もない層の人たちでしょ。
 そんな、もとから買えない層の中国人による 「日本製品不買運動」 って、一体 ……。
 もともと日本製品も買えない、日本に観光にもこれない中国人層の 「日本製品不買デモ」 なんて、滑稽と言う以外になんと言ったらいいのか。

 日本製品を買う金がある中国人が中国製の家電をわざわざ選んで買うか?
 何が入っているかわからない、食べたら中毒になるかも知れない中国製の食品を買うか?
 事故したら十中八九は死ぬような、ドイツ衝突安全基準テストで☆ゼロの中国車をわざわざ買う?
 まぁ、☆0は2009年のドイツ衝突安全テストの結果だけど、たった1年くらいで☆0が☆5になるとは普通はちょっと考えられんし。
 大体、☆5で満点のテストで☆0って、 …… そのレベルでよくテスト受ける気になったもんだわ。
 ほんと、☆0って、一体どういう車だ …… 「走る棺桶」 という別名があるらしいけど。
 でも、このレベルの車でも中国の衝突安全基準は満たしてるんだからね。
 だからこそ、ドイツに輸出しようとしてドイツの衝突安全テストを受けたんだから。
 …… だからね普通に日本製品を買えて、普通に日本観光にも来れる層の中国人に聞いてみて欲しいよ、本当に日本製品不買するのかどうか。

 日本にも反米の人っているよね、たくさん。 でも米国から来た映画や音楽や、ハンバーガーみたいな食文化まで受け入れて楽しんでいるわけジャン。
 日本にとって顧客って言うのは、最低でも日本製品を買えて、普通に日本観光に来れる層の中国人であって、こんな 「官製反日デモ」 のアルバイトに借り出される様な層の中国人じゃ無いと思うんだけど ……。





   


 中国の反日デモのアルバイト日当は1200円なり!!
 中国で起こった反日デモは中国共産党のヤラセだったのは、もうだれの目にも明らか。
 そして、反日デモに参加した人々も共産党により動員されたアルバイトだったのもバレちゃっています。
 そして、そのアルイト代は1200円だったそうです。 中国の単位でいえばたった10元です。
 中国の貨幣価値がよくわからないので高いか安いか判断できないけど、日本の感覚だとたった1200円で何時間も拘束されてバカじゃないの!!
 日本の若者だったらしらけて相手にしてないでしょうね。
 ちなみに中国の平均的な給与水準はたしか5万円位いだったと思います、そうすると1200円というのは破格の待遇だったのかもしれませんがね?

 お金はらって募集したアルバイトに、しまいには警官がボコボコにされて、猿芝居もいいとこですよね。
 そんな彼らに熱中症にならないように水をくばったり送迎バスを手配したりしてまるでコントのようです。
 火遊びもほどほどにしないと火の粉自身にふりかかって行くんじゃないのかな中国政府は!

 まぁ~ 何見ても中国というところは、そういう国なんですね。
 いくら将来はアメリカを抜いて覇権国になるとかいわれ、利益を得ようといろんな国がすり寄っているようですが、そんな国に世界の経済や政治が引っ張られていくなんて考えたらぞぉ~っとしてなさけないですね。

 そろそろ、チャイナリスクに真剣に取り組んでいかないといけないんじゃないのかな?





( 2012.09.22 )

 


 全土で同時多発的に起きたデモ。 それが当局の鶴の一声で収まってしまう不思議。 中国事情に詳しい専門家の間では、これだけ大規模な動員は、当局の関与なしにはあり得ないとする意見が出ている。

 

 北京では2012年9月18日まで連日、日本大使館前を中心に多数の中国人が押し寄せてデモを繰り返した。 ところが翌19日、北京市公安局が市民に 「大使館前のデモをやめるように」 とメールを送ると、潮が引いたように一気に収束した。 当局からの通達とはいえ、驚くべきデモ隊の 「聞きわけのよさ」 だ。

 当局の 「鶴の一声」 で収まったデモだけに、実は 「官製」 だったのではないか ――。 こんな見方を裏付ける報道が徐々に出ている。

 例えばミニブログ 「微博」 で、警察学校に通う生徒が学校側からデモ参加を命令された と書き込んだと、9月20日付の日本経済新聞電子版が伝えた。 上海では当局がバスを用意し、デモ隊を日本総領事館前に輸送した という。 極めつけは、福建省のデモに参加した男性が、 「100元( 約1200円 )をもらった人がいる」 との証言 だ( 共同通信9月20日付 )。 事実であれば当局が金銭を払って動員をかけたことになる。

 尖閣の周辺海域で操業するために集まった漁船に対しても、 「カネ」 が動いたという話が出ている。 中国浙江省の船主が読売新聞の取材に、尖閣に向かう漁船に 「当局から10万元( 約125万円 )の補助金が出る」 と明かした。 地元の漁業規制当局によるもので、複数の船主が認めたという。

 9月20日に放送された 「報道ステーション」 ( テレビ朝日系 )で、産経新聞中国総局特派員の矢板明夫氏は、中国各地で反日デモを実施するのは当局の指示なしでは考えにくいと指摘した。 中国共産党の中央弁公庁という機関だ。
 日本政府の官房長官に似た、各部署の調整役を果たす重要なポストで、 「あらゆる部署に( 中央弁公庁が )指示して調整を図った」 という。 同氏の見立てが正しければ、党内の高いレベルで反日デモ実施の意思決定がなされていたことになる。