[ 中国統計年鑑(2011) ]
面積960万平方キロメートルロシア、カナダに次ぐ世界3位。日本の面積の26倍に達する
総人口13億4000万人世界の5人に1人が中国人。人口比率は男性のほうが女性より3000万人以上多い
高齢者人口2億人60歳以上の人口が2015年に2億人を突破予定。高齢者の数だけで世界5位の人口を誇るブラジルに匹敵
国防予算7兆2000億円2011年の国防予算が前年比12.7%増の6011億元(約7兆2000億円)に達した。ソニーの売上高に匹敵する
陸上兵力160万人中国人民解放軍の陸上兵力160万人は日本の陸上自衛隊(14万人)の10倍超。日本のひきこもり人口と同水準
中国共産党員数8000万人対人口比6%と意外に少なく、全国民の17人に1人の割合。1921年の結党時はわずか50人程度だった
世界2位のGDP5兆8000億ドル2010年に国内総生産(GDP)が日本を追い抜き、米国に次ぎ世界2位となった。ただ1人当たりGDPでは4300ドルにすぎず、182ヵ国中94位
超高成長平均9.9%1978年に改革開放路線に転換して以降、2009年までの約30年間、年平均10%近い超高成長を続けてきた
世界競争力指数81.1技術投資や労働者の教育水準などで算出され、中国は2011年、世界19位。日本は26位
外貨準備高3兆2000億ドル全世界の外貨準備高の3割を占め、世界最大。うち3分の2程度は米ドル建てと見られる。中国が米ドルをいっせいに売れば米国はデフォルトしかねず、米国もむやみに刺激できない存在となっている
銀聯カードの発行枚数25億枚中国で最も普及しているカード。[中国銀聯]のロゴマークのあるカードの発行数が25億枚に上がるとされ、世界最多
携帯電話の利用数8億5900万人固定した住所のない農村からの出稼ぎ労働者には必須アイテム。固定電話よりコストが安く、増加基調が続く
ジニ係数(所得格差)0.5貧富の差を示し、0に近いほど格差が小さい。0.4が警戒ラインで、0.5を超えると社会が不安定化する。中国はいよいよ危険水域に突入した
地域格差3.3倍都市住民と農村住民の所得格差は3.3倍。2000年に入って毎年拡大を続けている
外国企業数28.8万社「世界の工場」として外資企業が世界中から殺到、最近は消費大国としても注目を集める
自動車生産台数1826万台世界最大の自動車生産国。セダンに限ると世界シュアは5割を超す
自動車普及率1000人当たり47台日本の10分の1以下で、1台当たりの人数は21.3人。日本は1000人当たり579台で、1台当たり1.7人
大気汚染104都市酸性雨に分類されるpH5.6以下の雨が降る都市は104都市に上がる。全国の2割超の都市が酸性雨に見舞われている
C02排出量65.4億トン世界最大の排出国で全世界の22.3%を占める。1人当たりの排出量はまだ米国の4分の1にすぎず、今後さらに増えるのは間違いない
エンゲル係数41.1%消費に占める飲食費の割合。先進国では20%台が多いが、中国の農村家庭ではいまだ40%超。都市家庭では35.7%と若干低くなる
パンダの生息数1590頭国務院新聞弁公室によると、このうち人工繁殖したパンダの数は161頭